読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

1分間資本論 差がつく実学教養5 (1分間名著シリーズ)

1分間資本論 差がつく実学教養5 (1分間名著シリーズ)

1分間資本論 差がつく実学教養5 (1分間名著シリーズ)

作家
カール・マルクス
齋藤孝
出版社
SBクリエイティブ
発売日
2019-03-09
ISBN
9784797397444
amazonで購入する Kindle版を購入する

1分間資本論 差がつく実学教養5 (1分間名著シリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ophiuchi

はるか昔のこと(ソ連が健在だった頃)だけど、大学でマルクス経済学の講義を受けたことがある。これはずいぶん平明な内容だけど、印象はそのときとあまり変わらない。ソ連の崩壊で新自由主義が主流となってきたが、今回の新型コロナ感染症によるパンデミックは、この潮流を変えることになるのかもしれない。

2020/04/16

さのかずや

ちゃんとしたものを読んだ気持ちになれてよかった。1800年代(19世紀)後半、第一次産業革命がイギリスで起きたときに、イギリスで資本家がどれだけ横暴を奮っていたのかということと、それを批判する言論がドイツ人のマルクスから起こっていたというのを解説を通して知れたのがよかった。いつか資本家が打ち負かされて、生産力を共同で制御できるようになり、労働日を自由に決められるようになる日が来る、ということを書いているが、このへんは今のような時代だと結構あり得る気がする。誰かまとめてたりするのかな。

2019/07/30

かんちゃん

昔の資本家の搾取っぷりはひどい・・・奴隷が普通に 使われていた時代、人間は使い捨て。 再生産に必要な価格労働賃金。 賃金が高騰すれば恐慌が訪れ、 仕事を頑張れば低賃金が進む。未来の希望ってなんなんだろ。

2021/11/14

馬場

昔の資本家は酷い奴らだ。それから見ると今はマシ? いやいや余剰価値を労働者から搾取してる連中であるのは変わりない。雇われ続けるなら再生産可能な給料しか貰えないのだ。格差は広がるばかりである。資本論は面白い。

2021/09/12

takahiro suzuki

昔の内容なのに今の時代を語っているだろうという本だった。働いても働いても金に余裕ができない。世の中便利に発展しているはずなのに余裕がない。そんななぜだろうを考えさせられ、解消進むいい本だった。面白かった。自分の労働時間は必要以上に働いているかもしれない。今まさに転換の時期であると感じました。

2021/04/12

感想・レビューをもっと見る