読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

僕たちは14歳までに何を学んだか 新時代の必須スキルの育み方(SB新書)

僕たちは14歳までに何を学んだか 新時代の必須スキルの育み方(SB新書)

僕たちは14歳までに何を学んだか 新時代の必須スキルの育み方(SB新書)

作家
藤原和博
出版社
SBクリエイティブ
発売日
2019-02-06
ISBN
9784797398656
amazonで購入する Kindle版を購入する

「僕たちは14歳までに何を学んだか 新時代の必須スキルの育み方(SB新書)」のおすすめレビュー

堀江貴文、DMM創業者… “現代の革命家”4人がおくる、新時代の必須スキルとは?

『僕たちは14歳までに何を学んだか 学校では教えてくれない 新時代の必須スキルの育み方(SB新書)』(藤原和博/SBクリエイティブ)

 子供を持つ親ならば、我が子に「こうなってほしい」という願いがある一方で、その通りに育ってくれることのむずかしさを感じているだろう。そもそも、親の望みと子供の幸せは違うし、子供は“勝手に育つ”という側面もある。親として何をすればいいのか…と途方に暮れている方もいるはずだ。

 本稿で紹介する『僕たちは14歳までに何を学んだか 学校では教えてくれない 新時代の必須スキルの育み方(SB新書)』(藤原和博/SBクリエイティブ)は、一般的な“子育て本”や“教育本”とはずいぶん趣が異なる。

 著者は、リクルート出身の教育改革実践家・藤原和博氏。本書は、時代の寵児たる4人の革命家(堀江貴文氏、キングコング西野亮廣氏、SHOWROOMの前田祐二氏、DMMの亀山敬司氏)にインタビューを行い、彼らが14歳までにどう遊び、学び、育ってきたのかを徹底的に深掘りする。

■「ない」ものは、自分で作る――西野亮廣  西野さんは、上に5歳上の兄と2歳上…

2019/2/28

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

僕たちは14歳までに何を学んだか 新時代の必須スキルの育み方(SB新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あっか

ビジネス書でもあり子育て本でもありました!新刊。西野亮廣さん、堀江貴文さん、前田祐二さん、DMMの亀山啓司さんの4人(+著者)が、14歳頃までにどう過ごしたか?周りにとってどういう存在だったか?どう育てられたか?などを、親交のある著者に答えたインタビュー集。親などに必要以上に干渉されず、好きなことを続けたり究めたりする経験や自信が大事なのかなと感じました。情報処理力の向上も日頃から意識してあげたいなあ。4人のインタビューを分析した著者の考え方も面白く、1番大切だという「根拠のない自信」のつけ方は必読。

2019/02/15

きみたけ

著者は教育改革実践家の藤原和博氏。キンコン西野、ホリエモン、DMM亀山氏、前田裕二氏の個性派4人のインタビューを通して、これからの時代に生きる子供たちに必要な能力や知識は何か問いかけています。対談の中でホリエモンは通信制の高校を開設し校長に。またDMM亀山氏も高校創設を計画しており、ユーチューブ学科とかプログラミング学科などこれから必要な職種や技能で学科を構成するとのこと。建物の筋交いのような「ナナメの関係」を築いて人間関係を強化すべきと著者は説きます。さて、うちの息子はどうなることやら😔

2021/03/16

♡ぷらだ♡

ホリエモンやキングコングの西野さん、前田裕二さん、亀山敬司さんの4人のヒーローインタビューと著者の藤原さんのこども時代の過ごし方をもとに「根拠のない自信」の基盤を作ることが大切だと説いている。生まれ育った環境はそれぞれ全然違うけれど、この5人には、確かに「根拠のない自信」があり、時代を切りひらいてきたと感じる。これからの不確実な時代を生き抜くためには「根拠のない自信」が必要だろう。子供時代のことも含めてこれらの人たちをもっと知りたくなったので著書も読んでみたい。

2019/04/22

kuri8655

〈「母親の愛に包まれて」とかよく言うけど、愛されていたことすらわからせないほどに愛されていたんでしょう〉堀江さん以外は初対面に近く新鮮だった。子育て中の身近な人やSNSの書き込みを見ていると「愛情スタンプ」を押すみたいな感じがして、子の無い立場としては発言権は無いのだけれど「如何なのかしら」と思うことが多い。よって上記の一文が印象的だった。親子の関係は直列だから、どうしても息が詰まる。そんなとき近所の年長者といった〈ナナメの関係〉が救うのだという事が、並読していた『鬼平』にも書いてあり、真理と思いました。

2020/01/12

まゆまゆ

突出したスキルと人間性をみせる著名人達に共通する根拠のない自信、すなわち自己肯定力はどのように身につけたのかを当人へのインタビューを通じて紹介していく内容。子育てに正解はないが、親にできることは何かに没入し集中して向かっていくときに邪魔をしないことと、条件をつけずに無条件に子どもの成長を見守ることではないか、と。答えのない問題に対していかに納得できる仮説を出せるか、が必要な能力である。

2019/11/12

感想・レビューをもっと見る