読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

栃木リンチ殺人事件―殺害を決意させた警察の怠慢と企業の保身 (新風舎文庫)

栃木リンチ殺人事件―殺害を決意させた警察の怠慢と企業の保身 (新風舎文庫)

栃木リンチ殺人事件―殺害を決意させた警察の怠慢と企業の保身 (新風舎文庫)

作家
黒木昭雄
出版社
新風舎
発売日
0000-00-00
ISBN
9784797498325
amazonで購入する

栃木リンチ殺人事件―殺害を決意させた警察の怠慢と企業の保身 (新風舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

香菜子(かなこ・Kanako)

栃木リンチ殺人事件―殺害を決意させた警察の怠慢と企業の保身。黒木昭雄先生の著書。本書を読むと警察の怠慢でこのような悲惨で残酷な事件が起こってしまったと思わざるを得ません。警察は怠慢だと非難されるのではなく、社会全体から頼られて尊敬される存在であってほしい。

2019/01/13

YUZZY

コンクリレベルの凄惨さ&桶川レベルの胸糞 (尚且つ主犯格が北九州の松永と同じタイプ) 正直読むのが辛かった。「読むんじゃなかった」とすら思った。(衝撃すぎてさっそく夢に出てきた)なぜこんな酷い話に知名度が比例していないのか。日産だからだろう。

2019/04/16

アビ太郎

キツイ。無学な人間の残虐さよ。

2015/12/23

ますこ

日産自動車と警察がグルになっていたなんてっ!呆れてしまった。もし、大きな企業に勤めていなければ、もし、寮生活でなければ、もし、断る勇気があったならと、悔やまれる事件だと思った。

2013/11/06

みもり

リンチの描写はとても辛い。想像を絶する。生きているのに腐臭がするなんて。親に「優しく育てすぎたのが間違いだったのかも」と言わせるなんて。私は出身地の話だったので手に取ったが、これは全国に起こり得る警察と企業の癒着が大きな原因になってる。是非もっとたくさんの人が知るべきことだと思う。

2011/02/13

感想・レビューをもっと見る