読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

小沢主義 志を持て、日本人

小沢主義 志を持て、日本人

小沢主義 志を持て、日本人

作家
小沢一郎
出版社
集英社
発売日
2006-09-01
ISBN
9784797671292
amazonで購入する

小沢主義 志を持て、日本人 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mitei

当時民主党にいてこれから政権交代に導こうとするエネルギーみたいなのを感じたが、今や過去の話になろうとしている印象。意外と共感できる部分も多く興味深く読めた。 国民にも業界にも物申すスタイルは多くの人をひきつけていったのだろうなと思う。

2020/04/27

Willie the Wildcat

政治論。政官+国民の果たす役割。「お上」思想を否定はしないが、辿り着く過程は複雑。諦めなのか、はたまた意識の無さなのか。グランドキャニオンの件は、確かにふっと考えてしまう・・・。リーダー論の観点では、外交、農業政策などの繊細な話題にもスタンスは明確。一方、お金をかけない地道な選挙活動や、55年体制変革など、言動の不一致を感じる点は、政治家たる所以かもしれない。「壊し屋」と呼ばれるようになった”節目”1つ1つの心情が、いつか知りたいものだ。

2015/02/03

ceskepivo

もう過去の人となってしまった。選挙の話から入り、農家への直接補助金やタレント候補を批判し、政治家は信念を持たなければならないと主張する。なんだかなぁ。

2014/08/12

ふぇるけん

このところマスコミではすっかりヒールの印象がついている小沢氏であるが、本書は小沢氏が日本人に向けて書いた渾身の一冊である。政治は国民のレベル以上にはならない、という言葉がグサリと刺さった。小沢氏の政策にすべて賛同するわけではないが、これだけの信念を持っている政治家がどれだけいるのだろうか。日本の官僚体制、外交問題、農業問題、憲法9条・・・日本人はもっと自分の国のことをしっかり理解しなければならない。

2012/08/02

河合晋輔

政権交代前に出版されたものだが少し時間の経った今読んでも色褪せてはいない。必ずしも小沢氏のファンではないがあの無意味なバッシングは国益になっていなかったのではないか? ものぐさな氏が出した一冊だからこそ読んでみる価値はあると思う。

2014/08/17

感想・レビューをもっと見る