読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

フランス人がときめいた日本の美術館 (単行本)

フランス人がときめいた日本の美術館 (単行本)

フランス人がときめいた日本の美術館 (単行本)

作家
ソフィー リチャード
山本やよい
出版社
集英社インターナショナル
発売日
2016-04-26
ISBN
9784797673210
amazonで購入する

フランス人がときめいた日本の美術館 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鉄之助

まさに、足で書いた美術館入門書だ。すべてその場に行って、自らの体感で日本の美術館の魅力を紹介。「庭の眺めを楽しみたいなら、畳に座りましょう」など、細やかな視点が好感度満点。一つの美術館が季節によって何日も休館して、大幅な展示替えをするのは世界にはない日本だけの特徴! という指摘も面白かった。料亭や茶室など床の間に掛ける軸物を、季節に合わせて変える日本人のDNAがなせるワザか? ただし、情報量が多すぎて読みにくい、ところも有り。強弱をつけた編集をした方が良かった気がする。

2018/06/21

ぶんこ

薄い本なのですが内容充実の素晴らしい本でした。知っているようで知らなかった美術館が多数取り上げられていて、行きたい所がたくさんでてきました。旧朝倉家住宅、パナソニック汐留ミュージアム、菊池寛実記念智美術館、豪商の館田中本家博物館、那珂川町馬頭広重美術館はお気に入りに入れて、あとでじっくり検討するのが楽しみとなりました。

2018/12/10

ヒデミン@もも

フランス人の美術史家ソフィーさんが10年かけて訪ねた日本の美術館を紹介した英語版のガイドブックが翻訳されたもの。知らない美術館がたくさん。何度も訪ねたお気に入りの徳川美術館が紹介されていて嬉しい。予てからいつか行きたいと思っていた鳥取の植田正治写真美術館、中村キース・ヘリング美術館。読み友さんと話題にしていた豊田市美術館。東京に行ったら原美術館&原ミュージアムアーク、旧朝倉家住宅、国際基督教大学博物館湯浅八郎記念館、高畠華宵の弥生・竹久夢二美術館に。しかし青森から愛知が東日本としてひと括り❢(笑)

2016/06/22

とよぽん

日本の美術館を、フランスの美術史家が紹介している。英語で出版したものを、邦訳したという時点で、何か、とてもすごいことだと感じた。そして、絵画、彫刻、工芸、茶道、陶芸、などなどアートの範囲が広ーい。行ってみたい美術館がたくさんある。写真もきれいだ。とにかく、素敵な本だ。

2018/05/06

すみの

仏人の著者いわく『東京、京都、奈良、九州の国立博物館はいずれも最高ランクに位置』、この本ではあまり知られていないけれど必見の館(といっても有名です)を紹介。*江戸東京博物館*出光美術館*三の丸尚蔵館*旧朝倉家住宅*太田記念美術館*クレマチスの丘*清水三年坂美術館*重森三玲庭園美術館*イサム・ノグチ庭園美術館*田中本家博物館*徳川美術館…行ってみたい館がたくさんです!

2016/07/07

感想・レビューをもっと見る