読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ゴミ清掃芸人の働き方解釈 (インターナショナル新書)

ゴミ清掃芸人の働き方解釈 (インターナショナル新書)

ゴミ清掃芸人の働き方解釈 (インターナショナル新書)

作家
滝沢秀一
田中 茂朗
出版社
集英社インターナショナル
発売日
2021-06-07
ISBN
9784797680751
amazonで購入する Kindle版を購入する

ゴミ清掃芸人の働き方解釈 (インターナショナル新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

imagine

滝沢秀一さんの文章はいつも読ませる。接眼と俯瞰の視点がどちらも素晴らしく、チャップリンの名言「人生はクローズアップでみれば悲劇だがロングショットで見れば喜劇だ」を感じさせる。しかも自虐でいながらポジティブ。常識にとらわれない価値観、しなやかに入れ替わる優先順位。アンテナの張り方も素晴らしく、先輩がぼそっと呟いた言葉にこそ、名言としての価値を見出す。仕事をしている誰もが感じている「ここではないどこか」への気持ちと、それを超えて到達する「いま、ここ」。著者が等身大で体現する仕事論、人生論に共感することしきり。

2021/12/24

マッちゃま

彼らの漫才けっこう好きで本書を見つけた時は即購入(笑)ダブルワーク…僕の中の言葉だと副業とかになっちゃうんですけど一時期どうしても金策に困った頃に考えた事もありましたが実行には移せず。大変だってのがイメージ。なぜやるのか?どっちが主でどっちが副?しなければならないのか?なんて、そんなこんなを改革なんて大それた事ではなく、いろいろと解釈していく事で前へ前へと進んじゃおう的な内容。お金なんて幾らあっても困りもしないけど(貧乏人レベルの話し)無いと非常に困る訳です。いろんな解釈を見つけていって楽に生きましょう♪

2021/09/14

Inzaghico

第4章の「財産は先輩たちの言葉」はいい。あの竜兵ちゃん(失礼!)の「もっと自分のいる世界を信じろよ」にはぐらりときました。文句言うのもいいけれど、自分がいるところを信じて力を尽くしたか。尽くしてダメなら、肥後リーダーの「失敗したらニヤニヤして元の場所に戻ってこい~」を実践すればいい。プレミアリーグの若きエース、マーカス・ラシュフォードは「サッカーが大好きだけじゃダメなんだ。努力もしなければ」と自著で言ったそうだが、志村けんが滝沢に言った「頑張っているうちはダメだよ。好きじゃなきゃ」もまた真なりだ。

2021/06/12

岩田 健太郎

すごくわかりやすく、親切な言葉で、ある程度のレベルや考えを解説してくれていた。

2021/09/21

ばしこ♪

芸人さんって、やはり収入面では不安定である。当然、家族がいればなおさら収入の不安は大きくなる。これからの時代、兼業という選択肢はありだろう。公務員も認められないかな…

2022/03/11

感想・レビューをもっと見る