読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ILLUSTRATION 2018

ILLUSTRATION 2018

ILLUSTRATION 2018

作家
平泉康児
loundraw
出版社
翔泳社
発売日
2017-12-13
ISBN
9784798153896
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております。文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ご購入前に、無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください】

『今』を象徴するイラストレーター150名が集結した
『究極』の図録、最新2018年版!

多種多様なポップカルチャーから現代美術、刻々と変化するネットカルチャーまで、
世界が注目する日本独自の多彩なイラストシーンを横断した、実力派作家150名による豪華競演です。

2018年のカバーイラストを手がけるのは、
ベストセラー小説『君の膵臓をたべたい』をはじめとする人気作の装画を数多く担当し、
自主制作のアニメ映像『夢が覚めるまで』がSNS上で大きな話題となるなど、
その動向が常に注目を集めるイラストレーター、loundraw。

ブックデザインは、多くの作家が信頼を寄せる気鋭デザイナー、有馬トモユキが担当します。

さらに本書の印刷面では、作家それぞれが持つ世界観の魅力、色使いや筆致を隅々まで堪能いただくため、
画集やアートプリントに特化した最新の印刷技術「ブリリアントパレット®」を採用しています。

巻末には、大ヒット映画『君の名は。』でキャラクターデザインを担当したアニメーターの田中将賀、
Instagramで100万人を超えるフォロワーを持つ話題のイラストレーター、イリヤ・クブシノブのインタビューを掲載。
それぞれの立場から見た『現在のイラストレーション』について、じっくり語っていただきました。
このほか、loundrawと有馬トモユキの両者が本書カバーデザインの制作過程を語る特別対談も収録しています。

『今』をアーカイブしたイラストレーションの図録として、本書をさまざまな用途にお役立てください。

※掲載作家は、前書『ILLUSTRATION 2017』から120名程度が入れ替わっています。
また、同じ作家でも前書掲載の作品は収録しておらず、全ページが刷新されています。


※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

ILLUSTRATION 2018 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

参謀

表紙は今、かなり気になっているイラストレーターのloundraw。プロフィールに昨年原画展を開催していたことを知りました。知ってたら絶対行ったのに…150名ものイラストレーターが掲載されていて、前書から120程度入れ替っているそうです。イラストレーターの見本市ですね。以外にもレトロなタッチの絵も増えていたような気がします。「かがみの孤城」のイラストレーターもいましたね。ここまで描がけてもイラストの仕事だけでは食べていけない職業と言うのはつらいですね。。

2018/02/23

石橋 こわし

見てるとなんだか楽しくなってくる本。

2018/02/13

感想・レビューをもっと見る