読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

深層学習教科書 ディープラーニング G検定(ジェネラリスト) 公式テキスト

深層学習教科書 ディープラーニング G検定(ジェネラリスト) 公式テキスト

深層学習教科書 ディープラーニング G検定(ジェネラリスト) 公式テキスト

作家
浅川 伸一
江間 有沙
工藤 郁子
巣籠 悠輔
瀬谷 啓介
松井 孝之
松尾豊
一般社団法人日本ディープラーニング協会
出版社
翔泳社
発売日
2018-10-22
ISBN
9784798157559
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

ディープラーニングの知識を測る検定試験(G検定)の「公式テキスト」登場!

【本書の特徴】
1)試験運営団体である「日本ディープラーニング協会」が執筆。
2)各章末には、練習問題つき。試験勉強に最適。
3)最新シラバス「JDLA Deep Learning for GENERAL 2018」に完全準拠。
4)ディープラーニングについて最新事情も踏まえ学ぶことができる。

【対象読者】
・「ディープラーニング G検定(ジェネラリスト検定)」を受験しようと思っている人
・ディープラーニングについてこれから広く学びたい人
・ディープラーニングを事業活用しようと思っている人

【G検定とは】
・目的:ディープラーニングを事業に活かすための知識を有しているかを検定する
・受験資格制限:なし
・試験概要:120分、知識問題(多肢選択式)、オンライン実施(自宅受験)
・出題問題:シラバスより出題
・日程:公式サイトにて公表

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

深層学習教科書 ディープラーニング G検定(ジェネラリスト) 公式テキスト / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Yuichiro Komiya

ディープラーニングG検定を受ける人には必須と言えそうな問題集。簡潔に人工知能の発展の経緯や現状がまとめられており、人工知能の概要を掴むためにも役に立つ。脳細胞を模した単純パーセプトロンが、活性化関数の発展により視神経の役割のCNN、系時記憶ができるRNNに発展していく様は、人工知能の歴史の重みや先人達の努力の結晶が感じられて感慨深い。

2018/11/25

やまと

2019年元旦の日経新聞の“きょうのことば”に、AIが人知を超える転換点を意味するシンギュラリティが取り上げられました。こうした中、AIで最も注目されているディープラーニングの基礎知識を解説した教科書が本書であり、AI特有の専門用語が体系的網羅的でコンパクトに解説されているので、この手の本としては比較的に読みやすく、一気に読むことができました。ジェネラリスト向けのAI検定試験であるG検定の公式テキストとなっていますが、受験するには何度も読み返し理解を深め、本著以外でも知識を補う必要がありそうに感じました。

2019/01/02

hori-chan

「それ系の仕事してるのに、いまさら?」というツッコミはさておき、全体像を体系的に把握できるのはやっぱりいいですね。

2019/03/03

YUJIRO

機械学習やディープラーニング、強化学習の定性的な説明がよくまとめられている。特に、どこがブレークスルーとなっていたかがわかりやすい。G検定を受験するかに関わらず、読んで損はないと思った。

2019/01/09

ひろし

☆☆☆☆☆。とりあえず一読。ディープラーニングの基礎的な知識にまとめて目を通すことができた。理解に至っていない部分が多いので、何回も読み返してG検定につなげたい。

2019/02/28

感想・レビューをもっと見る