読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

百花繚乱 巻ノ拾肆 (HJ文庫)

百花繚乱 巻ノ拾肆 (HJ文庫)

百花繚乱 巻ノ拾肆 (HJ文庫)

作家
すずき あきら
Niθ
出版社
ホビージャパン
発売日
2013-03-29
ISBN
9784798605821
amazonで購入する Kindle版を購入する

百花繚乱 巻ノ拾肆 (HJ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆうき

今巻は珍しくエロいところが少なく、真面目巻だった。いよいよ四天王戦も大詰めで次々に剣姫達が「氣」に覚醒していってる。巨大な鎧相手に勝つとかかなり強くなったよな。最近は宗朗の剣姫も増えてないし、剣妃ももうすぐ生まれて終わりに向かったりするのかな。

2013/05/30

Dobject

惰性で購入しているシリーズだが、ようやく徳川四天王との決闘が終了した、多分。ここまで来るのにどんだけかかるのかと思うぐらいダラダラとして進捗だったが、剣姫達が気の扱いを覚えて一つ進捗したかなという具合。次巻で千姫様が救出されたら良いな、多分幸村達の動向を考えると次次巻かなぁ。はぁ。『いちばんうしろの大魔王』といい本当に第二部以降のストーリーは褒めれたものじゃないよな。

2013/04/01

藤和田

徳川四天王との戦いに終止符。それぞれの剣姫が気の使い方を覚えて、それぞれの属性が開花。宗明も将としての力をつけてきたし、終わりも近いのかな?新たにアニメ化もされるということでおめでとうございます。

2013/03/30

感想・レビューをもっと見る