読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

エイリアン邪神宝宮 (クトゥルー・ミュトス・ファイルズ)

エイリアン邪神宝宮 (クトゥルー・ミュトス・ファイルズ)

エイリアン邪神宝宮 (クトゥルー・ミュトス・ファイルズ)

作家
菊地秀行
中村龍徳
出版社
創土社
発売日
2019-11-25
ISBN
9784798830513
amazonで購入する

エイリアン邪神宝宮 (クトゥルー・ミュトス・ファイルズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

sin

八頭大、作者という神に憑かれた男!ストーリー展開は良く云えば文章ジャズのグルーヴ感だが、実際は相も変わらずの出たとこ勝負で行き当たりバッタリな思いつき次第(そうだろ?)、こちらが求めているのは軽妙なウイットやハチャメチャなユーモアではなく戦慄である。単なるラヴクラフトの作品解説にしかとれない慌ただしい観光紛いの米国クトゥルー名所巡りを経て(ページ稼ぎか!)、結局〆は日本の須磨院?からの壇市宇?で邪神オールスター総登場の急展開、それにしても邪神に対抗する為とはいえ八頭の超科学装備は遣り過ぎ、ご都合主義の極み

2020/07/10

おかむー

古くは「エイリアン」シリーズと呼ばれていた「トレジャーハンター八頭大」シリーズ、最新作はむしろこれまで何故やらなかったのかというクトゥルー神話とのコラボ。これもいち作家の創作に過ぎなかったホラーシリーズが“クトゥルー神話“としての地位を確立したという証でしょうかね。ラヴクラフトの作品群に登場する土地や人物を舞台にしてはいるが物語そのものは「いつもの」八頭大。金とテクノロジーとチート能力でどんなピンチも結局切り抜けるのがわかっているので緊張感皆無なのは同著者の吸血鬼モノと大差ないですね『もうすこしです』

2020/01/19

miroku

VSクトゥルー。ヨグ・ソトホースとクトゥルーの確執を軸に、大が大暴れ!

2020/06/27

あゆゆ

★★☆☆☆

2020/04/19

b3_faf

流石、元祖オレTUEEEEE(笑)

2020/02/29

感想・レビューをもっと見る