読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

<当事者宣言>の社会学ー言葉とカテゴリー

<当事者宣言>の社会学ー言葉とカテゴリー

<当事者宣言>の社会学ー言葉とカテゴリー

作家
上野千鶴子
広瀬 浩二郎
渡 正
荒井裕樹
杉野 昭博
高森 明
矢吹 康夫
渡辺 克典
川坂 和義
神長 恒一
ペペ長谷川
小宮 友根
井口 高志
伊藤公雄
若林幹夫
樫田 美雄
小川 伸彦
出版社
東信堂
発売日
2021-04-05
ISBN
9784798916545
amazonで購入する

<当事者宣言>の社会学ー言葉とカテゴリー / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Go Extreme

宣言主体としての障害者: 自覚から発信へ―「触常者宣言」の深化と拡大 障害者スポーツの中の未来 障害ソーシャルワークの視点から見た障害者運動の主張 「ノーマル」をゆるがす: 宣言者自身によるアブノーマライゼーション宣言の解説 20 世紀最後のマイノリティ宣言としてのユニークフェイス 日本のゲイ・スタディーズによる「当事者」受容 当事者宣言の理論に向けて: 言葉を用いた革命の試み 認知症の人による〈当事者宣言〉は何に対抗し誰を包摂するのか? 当事者の社会学へ向けて 〈当事者宣言〉という活動

2021/08/11

感想・レビューをもっと見る