読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

グサっと痛いけど超やる気が出るドSな言葉

グサっと痛いけど超やる気が出るドSな言葉

グサっと痛いけど超やる気が出るドSな言葉

作家
七尾与史
出版社
すばる舎
発売日
2018-12-01
ISBN
9784799107553
amazonで購入する Kindle版を購入する

「グサっと痛いけど超やる気が出るドSな言葉」のおすすめレビュー

「あなたはどうせ一生未完全」甘い言葉で変われないならドSな言葉に鞭打たれるべし

『グサっと痛いけど超やる気が出るドSな言葉』(七尾与史/すばる舎)

 やる気を出さなければいけないとき、自分で考えて動けるのは理想的だ。ただ、誰もがそうでないのも事実。なかには“誰かに発破をかけられなきゃ動けない!”なんて嘆く人もいるかもしれない。

 モチベーションを高める言葉は世の中にさまざまあるが、甘い言葉で何度も挫折してしまったという人に読んでほしいのが『グサっと痛いけど超やる気が出るドSな言葉』(七尾与史/すばる舎)。ドSな女刑事が私たちに“喝”を与えてくれる、ユニークな1冊だ。

■1の才能を努力で補えば10は無理でも8くらいになる

 本書の主人公はドSな女刑事・黒井マヤ。七尾与史氏の「ドS刑事」シリーズでおなじみの「ドSすぎる」主人公だ。後輩の刑事・代官山脩介とともに、とある殺人事件を解決していく物語パートと、彼女が伝える生きていくための格言を交互に行き来する展開となっている。

 例えば、必死に努力しているはずなのにどうも自信が持てない人に向けて、彼女は次のようにつぶやく。

パーフェクトな人間なんて私くらいよ。あなたはどうせ一生未完全。でも1の才…

2019/4/4

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

グサっと痛いけど超やる気が出るドSな言葉 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

七尾 与史は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。ドS刑事シリーズを読み続けています。今回は自己啓発本ですが、黒井マヤの割には言葉があまりドSではなく、至極真当でした。作中のショートストーリー『泣く子と地頭には勝てぬ殺人事件』の方が面白かったです。ドS刑事シリーズの新作長編を心待ちしています。

2019/01/16

(*'ω' *)@k_s

アマプラテキスピで読了~書籍の7割はドSのマヤさんの毒舌、挟まれる形で刑事もののお話。これは、、、なかなか強烈(笑)~「あなたの尻拭いをしてくれるなんていい同僚ね。だけど、汚いお尻をさらけ出して平気だなんて、あなた恥ってものを知った方がいいわ」~こんなのが100個~棘はあるけど毒はなくて、あなたなら変われるって見守る心が感じられます(*´艸`)、、、ありったけ罵られ、心地良さを感じる、、、自分ってMかもΣ(゚д゚;)

2020/08/28

ぽぽ♪

失礼な言い方だけど、結構まともな内容でした。マヤのドSな言い方だけど、確かになーって納得してしまいました。短編もいつもとちょっと違い、マヤがそこまで暴走してないです(笑)

2019/02/17

マトモな啓発本でドSでは無かった。短編もおとなしい。

2019/03/01

ルート

見開きの文字はとても大きくて、パッと見読みやすそう。でも繰り返し出てくる独特な文体でちょっと単調な感じでした。まぁよくある自己啓発本って感じ。原作が好きな人なら読みやすいのかも。

2020/11/25

感想・レビューをもっと見る