読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

人もお金も動かす 超スゴイ! 文章術

人もお金も動かす 超スゴイ!  文章術

人もお金も動かす 超スゴイ! 文章術

作家
金川顕教
出版社
すばる舎
発売日
2019-04-20
ISBN
9784799107713
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

時間、お金、結果、フォロワー、ぜんぶ手に入る! SNS社会の到来で、個人をブランド化できる「ビッグチャンス」があふれる一方で、終身雇用などもはや崩壊の一途……。来たる令和時代、個人の評価を左右する最重要スキルとなるのが「文章術」です! 仕事でも、副業でも、プライベートでも、すぐに生かせて一生廃れない高コストパフォーマンスな「文章術」を身につけて、できる人になりましょう!

人もお金も動かす 超スゴイ! 文章術 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆっけ

【図書館新刊】SNSやアフィリエイト向きの文章術。ベストセラー作家さんということでしたが、存じ上げませんでした。わたし目線から、あなた目線に変える。言いたいことはわかるんだけど、うーん…飛躍しすぎじゃないかなぁという部分も多々あり、無駄な時間の使い方してしまったなぁと後悔。

2019/10/03

G-dark

文章を書く前に、「これから書く文章は誰に何を伝えるための文章なのか」という設定をしておきましょう、という本。専門用語を使った方が読みやすいのか。逆に、出来るだけ簡単な言葉に置き換えたり補足説明を入れた方が良いのか。実在の読者へ向けて書いてもいいし、何なら自分の脳内で生み出した架空の読者と対話しながら書いてもいいそうです。また、推敲する時は、「校正者」や「読者」の視点になって読み直し、また、例えば夜に書いた文章を翌朝読んでみるなど「環境」を変えて読み直すと良いのだそう。

2019/10/13

チャー

文章を書く際のテクニックが記されている。なぜ文章書くのか、そのメリットが前半部に記載されており動機付けに役立つ。文章は残すことができる、書いた先で読み手に考えを伝えることができる、個人の能力として武器になるなど、ついつい敬遠しがちな文書作成について、前向きにやってみようと思わされた。中盤から後半は、良い文章を書く際の技術が書かれており、読者を絞るという視点は参考になった。万人受けする文章は確かにありえない。内容、書き方、読む相手等、多くのことを意識して書くのは大変だが、良い文章を書くためには必要。

2019/10/12

Hiroshi Ohno

タイトルに惹かれ読んでみればほぼアフェリエイトやSNS向けの内容。手に取ったこと自体、本書記載のノウハウの一部に引っかかったと言うことにもなるのだろう。全く無意味とは言わないが、取り立てて読む必要は感じられなかった。 ☆★★★★

2019/10/06

Enju35

学べるところ使えるところは参考にする。

2019/08/17

感想・レビューをもっと見る