読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

キャラ絵で学ぶ! 仏教図鑑

キャラ絵で学ぶ!  仏教図鑑

キャラ絵で学ぶ! 仏教図鑑

作家
山折哲雄
いとうみつる
小松事務所
出版社
すばる舎
発売日
2019-08-18
ISBN
9784799108390
amazonで購入する Kindle版を購入する

キャラ絵で学ぶ! 仏教図鑑 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アキ

仏像は、釈迦の教えをわかりやすく伝えるために造られたキャラクター。如来・菩薩・明王・天に分けられる。釈迦とその弟子が始めた仏教が、インドから中国、日本へ伝わる中で、多くの経典が出来て、その土地に合わせて変容していったことが理解できる。日本では観音様とお地蔵さんが古来の神道と折り合いをつけて地域ごとに広がったんじゃないかな。「ありがとう」「がんばる」「ごらく」など日本語には多くの仏教がルーツの言葉がある。紀元前のインドで悟りを開いた釈迦に思いを馳せる。子供向けだが、山折哲雄が監修しており内容も信頼できる。

2019/12/25

千加

お釈迦様のことから絵本形式で始まり、仏教の教えとか、お経の登場人物とか、その役割とか図解や注釈で、そうだったんだ~と感心する。全体が見渡せて図鑑の良さが分かる。写真じゃなく絵が分かりやすい。そしてキャラクターが可愛い。うちの息子は大仏似。16才😆仏頂面っ。…そしてお釈迦様が説いた大切なことは、煩悩(ぼんのう)に負けない自分をつくろう…「煩悩の三毒」むさぼり(もっともっとほしい欲望の心)いかり(あの人ばかりズルイと人をにくむ心)おろかさ(どうしたら幸せになれるかを知らないこと)…物事を正しくみる事。

2020/05/05

おおたん

かなり気になって何度も本屋さんで見かけ、とうとう新書で購入した一冊。分かりやすく、理解しやすかったです。絵も好きな部類で、ほぼジャケ買い。たまに、読み返して煩悩について考えるようにしたいと思います!

2020/02/20

ykazmah

子どもにも大人にもわかりやすく仏教について解説されている。仏様は、如来、菩薩、明王、天の4つがあり、それぞれに役割があることを知る。如来の弟子であり、悟りを求める修行の身である菩薩に惹かれる。人生という道の、まだまだ半ばにいる自分とどこか重なる気がするから。その他、魅力的だったのは『五劫思惟菩薩』→じゅげむに出てきた『五劫』。永遠に思われる長い時間、考えて考えて髪が伸びすぎアフロになってしまった阿弥陀様。『烏蒭沙摩(うすさま)明王』→片足を上げて毘那夜迦をこらしめる熱血漢。汚れを焼き尽くし綺麗にする仏様。

2019/11/23

asisa

仏教の教えやお釈迦さま、仏像の種類、有名なお坊さん、仏教から派生した言葉など、仏教に関することを分かりやすくまとめた子どもでも読める本。イラストが多用されており、ルビがふってあるので読みやすいけれど内容は濃厚。守り本尊など知らないことを学べました。180/コ

2020/01/28

感想・レビューをもっと見る