読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

フラワード (ディスカヴァー文庫)

フラワード (ディスカヴァー文庫)

フラワード (ディスカヴァー文庫)

作家
百舌涼一
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日
2017-07-13
ISBN
9784799321232
amazonで購入する Kindle版を購入する

フラワード (ディスカヴァー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

オスカー

う~ん、最後はどうまとめるのかなと思ったけれど、やはりちょっとご都合主義な感じがしたなぁ。花屋さんが舞台の話だけど、弔花専門。葬儀関係の話もあるあるネタっぽいのが残念。昭和の死語や親父ギャグはわかったけど、主人公キャラが年齢相応に感じられなかったし、母親との関係等の後半のネタばらしもう~ん・・・全体的にもうちょい工夫して欲しかったな。

2017/11/16

チェス

楽しめた

2022/04/14

ううち

大好きな祖母とお母さんが亡くなり、声を出すことのできない主人公が、(自称)魔女が営む弔花専門のお花屋さんで働くお話。花言霊というのが面白い。葬儀での出来事がメインだけど暗くなく読みやすくて良かったのに!!主人公の名前の誤植だけはいただけない!とても残念な気持ちにさせられる。

2020/03/05

Kana

大好きな祖母と、大嫌いな母を亡くした継実は、無口すぎてどこでも働けず、生活に困っていた。そんなある日、喋らなくても会話ができる“自称魔女”の琴花たま子に出会う。彼女が店主の花屋でアルバイトを始めた継実だが、そこはただの花屋ではなく、「葬式専門」の花屋。しかも、花言葉を「言霊」として込めた特別な花を届ける、花言霊屋だった。第2回本のサナギ賞大賞作家の新作(TSUTAYA作品あらすじより)ーー軸が葬儀場という事で暗い印象になるかと思いきやコミカルに描かれている。アニメ化してくれないかなぁ、、

2018/02/27

スカーレット

花言霊により花を選び、弔いの花とするちょっぴり不思議な花屋さんのお話。お花を納めるお葬式も一筋縄ではいかないようで・・・

2017/07/28

感想・レビューをもっと見る