読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

入社3年目までに絶対に知っておきたいこと

入社3年目までに絶対に知っておきたいこと

入社3年目までに絶対に知っておきたいこと

作家
森川友義
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日
2018-04-12
ISBN
9784799322567
amazonで購入する Kindle版を購入する

入社3年目までに絶対に知っておきたいこと / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

もちもちかめ

2,3年でできる短期スパンで仕事の目標を決める。専門性を獲得すること。社内で一番経理知識を持つとか。資格は分かりやすい指標になるから、証明しやすい。キャリアアップのための転職は当たり前。その際、転職先を見つけてから辞表を出すこと。若手の責任の取り方とは、言われたことをやること。悩むのは、与えられた仕事の偏差値が高すぎる、又は自分の能力より低すぎるとき。尊敬できる人をドンドン真似すること。何でもその場で感じよく聞くこと。

2018/05/07

まぁ

ハイリスクハイリターンを選ぶ…か。リスクを避けるのがスーパー得意な人間なので難しいかもしれないが、頭の隅に置いておこう。(隅かよ) 歯をきれいにしておくべきってのがあって、歯科矯正したい欲が高まりました!

2020/06/05

ざちょう

何か抜け落ちてることはないかと思い手に取りましたが、やはり色々とありました。 本書には今後変わっていく世間に対して生きていくために備えるべきこと、どんなことを考えて働くのかが書かれています。読みながら、今の環境が当たり前に続くことを信じていることに気付きました。「入社3年目」と銘打ってますが、中堅世代にも活きる内容だと思います。私にとっては警鐘を鳴らすものでした。

2018/06/23

YUJIRO

何度でも挑戦が可能で、かつ期待値が高ければハイリスクハイリターンをとれと薦める。著者の主張に都合の良い前提(数字の具体例)で議論を進めているの、そこが合う人には合うのだろう。人のために自己犠牲を払えというところは共感できた。

2018/08/29

シソーラス

3~5年の中期的に達成できる目標を/先天的な能力にあった仕事を/投資は好き程ものの上手なれを基本に/社内のすごい人を模倣する/要点を先に、理由を後に/仕事の知識=日常スキル+専門知識/再挑戦が可能な状況では、リスクが高い方を取る/人生における幸せとは、仕事の延長線上における自己実現/目先の失敗や不幸を顔に出してはいけない。いずれ成功するのだから。不幸の最中でも毅然とした態度で。

2018/05/26

感想・レビューをもっと見る