読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

セックスのほんとう (ハフポストブックス)

セックスのほんとう (ハフポストブックス)

セックスのほんとう (ハフポストブックス)

作家
一徹
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日
2019-06-28
ISBN
9784799324837
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

女性に大人気のAV男優が教える
好きな人と最高に楽しいセックスをする方法

世の中のセックスは、男性向けAVの「演出」を参考にしているため、
女性にとっても男性にとっても、誤解がたくさん生まれている。
女性向けAV男優として大人気の著者が、
「女性向けAVでは何が行われているか」をハウツーとして紹介しつつ、
男女がお互いより楽しめるセックスについて考える1冊。
大人気AV女優、紗倉まなとの対談も掲載。
「性的同意」をはじめ、女性目線からもこれからのセックスについて考える。

「セックスのほんとう (ハフポストブックス)」の関連記事

「好き」というマジックワードで、セックスの負担をかけ合うのはやめにしよう。AV男優・一徹さんインタビュー

「あ、そのスマホケース、かわいいですね」

 インタビューをはじめようと思った矢先、唐突にそう言われて戸惑った。いや、ドキッとした。目の前にいたのは、人気AV男優の一徹さん。まるで少年のような笑顔を浮かべ、ぼくの持つスマホケースを見つめている。やがて、その目線がこちらに向く。

 あぁ、一徹さんがみんなに愛される理由がわかったかもしれない――。まだ一言、二言しか言葉を交わしていないにもかかわらず、そう思った。どこにいたって飾らず、素直で、正直者。だからこそ、聞いてみたい。どうして、『セックスのほんとう』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)という著書を出そうと思ったのか。

■セックスのリアルを伝えていくことが、これからの自分の役割

 本書は、一徹さんが「セックスのリアル」について、等身大の言葉で綴った一冊だ。

 ページを開くと、顔射や潮吹き、中イキなど、ストレートなAV用語が並んでいる。しかし、それらはセンセーショナルさを演出するために使われているわけではない。むしろ、その逆。これらの単語から連想される「セックスへの思い込み」をぶち壊そうとしているのだ。

 そう…

2019/9/3

全文を読む

関連記事をもっと見る

セックスのほんとう (ハフポストブックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

こばまり

有史以来基本的に二者間によるこの行為が未だズバリと尋ねにくい、言い出しにくい、互いの気持ちが真には理解し難いというのは、思えばなんとも奥深い。この本は全国の高校の図書室に置くといい。1979年生まれの一徹氏の透明感に慄き惚れ惚れとし落ち込む。

2019/07/28

あっか

新刊。女性向けAV男優・一徹さん最新著書!男性向けAVの演出はほぼ全てファンタジーだよ!笑と伝えつつ、女優さんや女性の声を間近で聞いてきた、男性向けAVに向かない(笑)一徹さんならではのこうすると女性は本当に喜ぶんだよ、ということを真面目な視点で啓蒙してくれています。以前拝読したしみけんさんの本はAV男優の裏側やテクニックなどがあり勿論面白かったですが、こちらの本はもっと女性寄りなので女性が読んでも共感でき面白い!セックスレスに対する一徹さんのセックスの定義が素敵でした♪そっと彼氏に差し出したい本です。笑

2019/06/29

GAKU

流し読み。

2019/08/31

Hammer.w

"男性は射精したらひとつの区切りだけれど 、女性はあんまり区切りがないし 、セックスに句読点を置きにくいように思うんです 。"by紗倉まなさん。とても納得できました。"本来、セックスはシンプルなもの"。1分抱き合うだけでも良い。レディファーストwでコミュニケーションを取っていきたいです。

2019/08/31

あさひ.a

AVはファンタジーだからそれを真に受けて実践すると男女とも不幸になるよ、をテーマに、業界のお話を織り交ぜてあり、興味深く読んだ。身近な話題でありながらなかなか他者と比べ辛く、間違っていても矯正し辛い。それにAVに限らず、作り物とリアルを混ぜちゃうのは多々あることなので、凄く納得した。お仕事エッセイ的にも面白かった。

2019/07/31

感想・レビューをもっと見る