読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

erotica

erotica

erotica

作家
榎田尤利
中村明日美子
今市子
えすとえむ
円陣闇丸
鬼嶋兵伍
腰乃
出版社
リブレ出版
発売日
2012-08-20
ISBN
9784799711705
amazonで購入する Kindle版を購入する

erotica / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

辺辺

再録既読みで書き下ろしだけでもかなり楽しめた一冊です。どの作品も品のあるエロでしかもちゃんと恋愛もありし、さまざまな趣向でいろんなシチュやパタンがあって、どれも面白かったです。イラストも短編に合っていてぴったりでにやり♪特にお気に入りは「ストロベリー」と「10X3」でした。さすが榎田さん、バライティ豊かの短編でも萌えさせていただきました。

2012/11/12

那義乱丸

書き下ろし以外は既読。いろんなタイプのお話が収録された短編集で面白かった!既読3作品も久しぶりの再読なので純粋に楽しめた。特に合同同人誌『エロチカ』が未だ行方不明なので「痛い靴」が収録されてるのがすごく嬉しい!「書生の戀」の構成が素敵。H描写はないのに深いえろすを感じた。終盤は涙だったけど光ある結びなのもさすが。普段Hシーンは飛ばし読みなのだけど榎田さんのえろ描写は好みなのでしっかり読んだvどのお話も短いのにしっかり物語を楽しめて満足感でいっぱい。絵師陣もなんと豪華なこと!買って悔いなしの本でした。

2012/11/19

みやこ

何処か常軌を逸したようなあまりにも濃密な情事。勘違いと好きすぎる気持ちが暴走した微笑ましい逆転劇。快楽に奔放な男が知った未知なる愉悦。本当の自分を曝け出した男に絆されて踏み越えた一線。嫉妬に狂ったが故の暴走…からの主導権の逆転。そして、美しい文体で綴られる書簡の往復と日記との間に差し込まれる胸に迫る小説。6編の短編のどれもが秀逸すぎて、息を呑むような真剣さで文字を追いました。しばらく浸っていたいこの読後感をなんと形容するのが適切なのか言葉が見つかりません。「ときに秘やかにときに大胆に」圧巻の短編集でした。

2015/03/14

美羽と花雲のハナシ

人生初のBL小説。文学、SF、ミステリ、サスペンス、ホラー、ファンタジー、恋愛、歴史、随筆、児童、自己啓発、ラノベ等。多岐なジャンルにほだされ浮気してまたよりを戻す。そして、未開地(BL)にまで足を踏み込む!それを。吸って、摘んで、舐って、嬲って、濡らして、転がして、爪ではじいて、歯を立てて、弄んで。接吻で君を蕩けさせよう。声で君の鼓膜を犯そう。下半身の熱が君に告げる。未知の悦楽を。全身全霊で奉仕する。屈辱に歪む顔も、快感に身を委ねる顔も、堪らないよ。全てが愛しい。「ストロベリー」と「書生の戀」がお勧め。

2013/06/10

キキハル

たっぷりとエロティックなご本です。帯も装丁もおしゃれで綺麗でうっとり。六つの短編には素敵なイラストの扉絵があしらわれていて、それに似合う内容になっているようです。特に「痛い靴」「カルメン」が面白かった。フェティシズムって当人以外に良さは理解しにくいだろうと思うのに堕ちていくのは案外簡単だったり。筋骨隆々真っ赤な薔薇のドラァグクィーンとか、なぜか可愛い。最後の著者あとがきも大変納得しました。「エロは猥雑で滑稽で真摯で悲しく愛しい、人の本質がそこにある」と。齢を経ても枯れない色気は必要ってことですよね。

2012/09/07

感想・レビューをもっと見る