読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

さよなら、おとこのこ (2) (ビーボーイコミックスデラックス)

さよなら、おとこのこ (2) (ビーボーイコミックスデラックス)

さよなら、おとこのこ (2) (ビーボーイコミックスデラックス)

作家
志村貴子
出版社
リブレ
発売日
2018-11-10
ISBN
9784799740927
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

謎が少しずつ解かれてゆく 「自分の恋心と向き合う」ことで

勇紀と同棲し、性的にも充実した日々を送っていたかなでだが、身体だけ子供に戻ってしまい、頭も生活も混乱するばかり。こうなった原因を探ろうと、以前の記憶を呼び戻すうち、勇紀とつき合うことになった日のことや、脚本家としての才能不足に悩んだ日々が思い出される。その苛立ちの勢いで、かなでは一度勇紀に別れを告げていたのだ…。
一方、勇紀は、長い片思いのすえに叶えたかなでとの関係がもし揺らいでしまったらと不安にかられる。そんな中で、心に聞こえる不思議な声が、実体化して現れ…?

さよなら、おとこのこ (2) (ビーボーイコミックスデラックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

主人公かなでが、ある日突然少年の身体になる。志村貴子版『ふしぎなメルモ』かと思いきや、かなではゲイで、子供の姿のまま恋人・勇紀に性的行為を求める場面を見て、いやいや、これは志村版『秘密(清水玲子ではなく、東野圭吾のほうね)』だわ、と膝を打つ。ところが、膝を打ったも束の間、子供に戻った原因が語られたとたん、物語はガラリとその印象を変えてしまう。こ、これって、志村版『エヴァ』? まさかね(笑)。

2018/11/26

水玉

一応読み終わったけど頭が着いていかない。盛りすぎなのか?BLでいいの?チビッ子姿はひたすら可愛い、中身が大人でも。終わりまで読んだら意味わかる感じかしら?

2018/11/10

おかーきゃん

[電子]何だかよくわからなくなってしまった・・・。

2018/12/04

へへろ~本舗

ちょっと混乱してしまった。勇紀とカナダの区別も時々つかなくなって…。表題の「おとこのこ」と入れると「おとこの娘」と変換してくれる素敵なスマホですね

2018/11/14

Tommy

どーなっちゃうんでしょう。3巻も楽しみに待ちます。

2019/02/07

感想・レビューをもっと見る