読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

さんかく窓の外側は夜 (10) (クロフネコミックス)

さんかく窓の外側は夜 (10) (クロフネコミックス)

さんかく窓の外側は夜 (10) (クロフネコミックス)

作家
ヤマシタトモコ
出版社
リブレ
発売日
2021-03-10
ISBN
9784799751664
amazonで購入する Kindle版を購入する

さんかく窓の外側は夜 (10) (クロフネコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

眠る山猫屋

救い手として登場した冷川さんにみんなで手を差し伸べ、救いあげる見事な仕舞い。能力故に利用され、解放されてからも迷走しているようにみえた無自覚な冷川さん、実はずっと囚われていたんだね。三角くんを見つけた彼は、三角くんに見つけてもらえた。彼の為に努力してくれる人々に気がつけた。三角くんも先生との相剋を経て、大きく成長した。お母さんとの絆があればこそ。愛した女性を信頼し切れなかった先生も回帰できるといいな。10巻できれいにまとまった素晴らしい物語でした。

2021/03/11

しましまこ

完結一気読み。キラキラ表紙にハートのカラー扉!「おれといたら怖くなくなるぜ」ヤラレたー!とゴロゴロ。きっちり完結、良かった。

2021/03/14

毎日が日曜日

★★★★ 完結。

2021/03/14

さとみん

「攻撃は最大の防御」が対人関係においても有効だと信じている人は少なからずいる。でもそれを実践することで失うものがあることには気付いていないようだ。先生の誤算はまさにそれだろう。逆木と半澤の地に足着いた存在の安心感、迎のバランス感覚がもたらす真っ当さ。それに三角の優しさと英莉可の経験があってこそ辿り着いた結末。表紙の白さを眩しく感じる終わり方で夜明けを迎えた思いだ。最初の怖さを思えばこんな爽やかな気持ちで読み終われたのは嬉しい予想外。

2021/03/13

ちぃまる

「あれ?完結!?」と思うようなアッサリ感。いや、よく考えたら、伏線回収してるし、三角くんと冷川さんはバディとして成立したし、ドロドロの戦いもしてたし…終わりか!変な表現だけど、話の流れが美しすぎて、終わったことに気づかなかった。もう一度1巻から読み返そうと思います。

2021/03/13

感想・レビューをもっと見る