読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

魔法使いの嫁 詩篇.75 稲妻ジャックと妖精事件 1 (BLADEコミックス)

魔法使いの嫁 詩篇.75 稲妻ジャックと妖精事件 1 (BLADEコミックス)

魔法使いの嫁 詩篇.75 稲妻ジャックと妖精事件 1 (BLADEコミックス)

作家
オイカワマコ
五代ゆう
ヤマザキコレ
出版社
マッグガーデン
発売日
2019-09-10
ISBN
9784800008923
amazonで購入する Kindle版を購入する

魔法使いの嫁 詩篇.75 稲妻ジャックと妖精事件 1 (BLADEコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

にゃうぴょん

ニューヨークが舞台のスピンオフです。元妖精ジャックと元人間ラリーのチェンジリングコンビの今後の活躍が楽しみです。

2019/10/15

だいらかずよ

まほよめのスピンオフ。初っぱなから灰ノ目が!舞台はアメリカ。灰ノ目自由過ぎる…アメリカでも取り替えっ子って居るんだね~

2019/09/15

芙蓉

「魔法使いの嫁」を様々な作家さんたちがアンソロジーで書いた派生作品のコミカライズ。この話はチェンジリング〈取り換え子〉の物語、人間に育てられた妖精と妖精に育てられた人間の二人組がメイン。稲妻ジャックは電光石火!便利屋を営む二人組。

2019/12/31

のれん

チェンジリングとニューヨークの組み合わせは新鮮味がありながらも、よろず屋式の鉄板さが光っていた。人間化した妖精と妖精化した人間。まったく違う存在の姉弟の物語は大いに期待。 本編の設定と絡めてみると、羨ましいような辛いような関係性を想像できる。外伝の魅力だ。

2019/09/23

毎日が日曜日

★★★

2020/08/27

感想・レビューをもっと見る