読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

Vivy prototype 2 (WITノベル)

Vivy prototype 2 (WITノベル)

Vivy prototype 2 (WITノベル)

作家
長月達平
梅原英司
loundraw
出版社
マッグガーデン
発売日
2021-05-31
ISBN
9784800010834
amazonで購入する

「Vivy prototype 2 (WITノベル)」の関連記事

【最新話レポ】「見てるこちらまで精神削られた」絶望シーンの連続に視聴者から悲鳴/アニメ『Vivy』第12話

『Vivy prototype』2巻(著:長月達平・梅原英司、装画:loundraw/マッグガーデン)

※この記事は最新話の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2021年6月12日(土)に放送されたアニメ『Vivy -Fluorite Eye's Song-』第12話。人類滅亡への絶望的なシーンが連続し、視聴者から「見てるこちらまで精神削られた!」と悲鳴があがったようだ。

 AIによる人類滅亡計画を阻止するため、アーカイブの中枢が存在する“アラヤシキ”へ乗り込んだ自律人型AIのヴィヴィやエリザベスたち。ところが直後にアラヤシキの電源が復旧して隔壁が動き始め、同行していた兵士の多くが壁に挟まれ命を落とすことに…。  暴走したAIは、ヴィヴィたちに指示を出す反AI集団「トァク」の垣谷ユイにも止められない。エリザベスと交信し、震える声で「あなたはそのまま進んでください」と告げたユイ。姿を現したAIに「こんばんは… お名前を伺っても?」と微笑むが返答はなく、無情にも銃声だけが響き渡った。  ヴィヴィたちがアラヤシキのタワー内に侵入したのも束の間…

2021/6/19

全文を読む

関連記事をもっと見る

Vivy prototype 2 (WITノベル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

100年後に勃発する人類とAIの最終戦争を阻止するべく、『シンギュラリティ計画』を開始したヴィヴィとマツモト。しかし、次なる歴史の修正点で正史よりはるかに発達したAI技術とより発展した世界をヴィヴィは目の当たりにする第二弾。エステラ姉妹の奮闘により正史から変わった世界。AIが過剰に発展している謎を探るため、AI研究者冴木タツヤの元へ向かうヴィヴィ。グレイスと冴木博士のエピソードは何とも切なかったですけど、これ読んでると何が最善の選択なのか分からなくなってきますね…ディーヴァ視点のエピソードも良かったです。

2021/09/05

龍田

メタルフロート事件もといグレイス編。冴木博士の子ども時代やペースメーカーの設定などアニメでは語られなかった事を知る事が出来た。いくら人間と同じようにグレイスを愛しても使命に忠実なAIには変わりない。冴木博士の扱いはアニメより辛そう。ディーヴァがヴィヴィの存在を自覚し、人間の様に悩むのは良かった。

2021/07/11

みどり

こちらから、かなり違っている感じ?エピソードそのものも変わった部分も多い。 ラストの冴木博士と「娘さん」?の話が切ないな~。 バグではないんだけど!!とかついつい突っ込みたくなるよね。

2022/01/29

ぶんちょう

メタルフロート事件。この話はアクションが多くて文字だけでは分かりづらいところが若干ある。しかし逆に小説ではグレイスと冴木博士との馴れ初めや、事件の後日譚でアニメでは分かりづらかった、ディーバがヴィヴィという「バグ」に気付くところがきちんと抑えられていたりして小説としての利があるなぁと思う。

2021/06/13

niz001

メタルフロートまで。ディーヴァが自分の中のヴィヴィの存在にうっすら気付く第六章の為に読む価値はある。

2021/06/07

感想・レビューをもっと見る