読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ラブ・リプレイ (『このミス』大賞シリーズ)

ラブ・リプレイ (『このミス』大賞シリーズ)

ラブ・リプレイ (『このミス』大賞シリーズ)

作家
喜多喜久
出版社
宝島社
発売日
2012-09-07
ISBN
9784800200945
amazonで購入する

ラブ・リプレイ (『このミス』大賞シリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kishikan

喜多さんの「有機をもって恋をせよ」シリーズの完結版。このラブシリーズ、「化学が難しくって」って声もありますが、そこら辺を抜きにすればとても面白く読めます。特に本作は、ラブコメ、ミステリ、それにSF的要素も加わり、ラストはハッピーエンド?シリーズをもう一度振り返ってみたくなります。恋愛要素の入った科学ミステリというジャンルがあるとしたら、森博嗣さんのS&Mシリーズの方が、キャラとかサスペンスタッチの面で断然好きなのですが、いろんな要素を盛り込んだこのシリーズも大好きです。喜多さんの今後の活躍に期待します。

2013/01/08

ダイ@2019.11.2~一時休止

有機化学ミステリーその3。今回のSF設定は10回のやり直し。オチ的には協力して?イイ感じに収まったかな?

2017/10/24

takaC

朝の通勤電車(30分)+昼休み(60分)+夜の通勤電車(30分)+風呂(30分)の4ターンで読んだけど、どちらかというと一気通貫読みに向いてる話だった。

2013/04/24

七色一味

読破。なんだかんだでこのラブコメディシリーズも3冊め。そして作を重ねるごとに、確実に読み物としても面白い作品に、面白い作家さんになっていってるかんじです。今回もファンタジーとミステリーを融合させた作品ですが、一種のタイムトラベルもの、と言っても良い感じ。最後が、ちょっと展開的には強引な部分もありますが、まぁ、楽しめるかな。

2013/01/27

ひめありす@灯れ松明の火

第2回、カスヤナガトさん装丁を読んでみようシリーズの2段目です。文系のゼミというのは結束が比較的緩くて、皆で研究室にこもったりその場で突発的に飲み会になだれ込んだりする事があんまりない(と思う)ので、研究室でのやり取りとかあっちにこっちにキューピッドの矢が飛んでいる状況を見るのが楽しみだったりします。しかし、今回は東大も、ケミストリーもほとんど関係なし!!何回繰り返したって、万人が幸福になる未来はそうそう手に入れられない。そんな中で奈海が下した最後の決断と、落ち。くるりとうまくまとまっていてよかったです!

2013/04/12

感想・レビューをもっと見る