読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

可笑しなヘンタイ図鑑

可笑しなヘンタイ図鑑

可笑しなヘンタイ図鑑

作家
ヘンタイ図鑑制作委員会
タナカカツキ
出版社
宝島社
発売日
2012-12-20
ISBN
9784800204820
amazonで購入する

可笑しなヘンタイ図鑑 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぬーぬぬー

性犯罪を忌み嫌っているので気分が悪いものもあった。たまたま特殊な性癖を持たずに生まれてきた私が、高みの見物でヘンタイたちを笑うのは悪趣味なのかもしれないけれど、何回もふいた。

2017/05/08

ゾンビちゃん

ヘンタイ…主に特種な性癖の方達がてんこ盛りの本。人様に迷惑かけなきゃ笑いと驚きで終わるんだけど…越えてはいけないとこを越えてしまった人達。結局はいつどこで何をきっかけに性に目覚めるかわからないから不思議。いや~人の性癖とは実に奥深い!

2016/11/14

雪町

実際にいた変態の行動をまとめた本。ムダにすごい発想力と執着と行動力。色々な意味でおかしい。

2013/11/17

フク

★★★★。人の数だけ欲望のカタチがあるということ。新聞の三面記事風に事件と性犯罪者のあらましが淡々と書かれているが、当の本人にとってみれば犯罪者の汚名を着ても手に入れたかったほど切羽つまってたわけで、その心情を考えると何だか泣けてこないこともない。三島、谷崎、あるいは乱歩級の作家に小説化してもらえばとてつもない文学作品が生まれてたかもしれないなどと考えてしまうが、そんなことはやっぱりないのだろう。

2013/08/23

むちゃ

きゃりーぱみゅぱみゅが「最近買った本」としてMCで言ってたので即購入→読了。まあ出るわ出るわヘンタイのレパートリー。そして間違った方向への圧倒的な努力(笑)。書店ではタイトルだけ見せて検索してもらうつもりが「えーっと、おかしな へんたい ずかん…(恥)」とマジメそうなメガネ女子書店員さんに言わせてしまい、図らずも自分がヘンタイになったようでした(爆)。

2013/03/28

感想・レビューをもっと見る