読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉 (Konomanga ga Sugoi!COMICS)

このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉 (Konomanga ga Sugoi!COMICS)

このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉 (Konomanga ga Sugoi!COMICS)

作家
魔夜峰央
出版社
宝島社
発売日
2015-12-24
ISBN
9784800249395
amazonで購入する

「このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉 (Konomanga ga Sugoi!COMICS)」の関連記事

「こんなの絶対に観に行くしかない…」映画「翔んで埼玉」予告映像&ポスタービジュアル公開にファン大爆笑

 魔夜峰央原作の映画「翔んで埼玉」の予告映像&ポスタービジュアルが解禁された。濃厚すぎるキャストが続々と登場する映像に、ファンは「久々にこんなにヤバイ映像見たわ」「YOSHIKI対高見沢は強いwww」と大爆笑のようだ。

 同映画は埼玉県人が東京都民から虐げられる“架空世界”が舞台。原作にはない埼玉と千葉の“永遠のライバル抗争”という要素をプラスして、東京を頂点とした壮大なスケールの下剋上合戦を描いている。

 予告映像は「世界よ、これが埼玉だ!!」というコピーとともにスタート。超大作映画のような勢いで進むかと思いきや、場面はいきなり寂れた村に。さらにGACKT演じる麻実麗や二階堂ふみ演じる壇ノ浦百美など、映画を彩るキャストたちが続々登場する。京本政樹、伊勢谷友介、加藤諒、中尾彬、益若つばさなど、濃すぎるキャスト陣にファンからは「キャストのごった煮具合が半端ないwww」「めちゃくちゃ豪華なんだけど、統一感が皆無で笑うわ」といった声が。

 予告映像の終盤では睨み合う埼玉と千葉の軍勢が“出身地対決”と銘打ち、XJAPAN・YOSHIKI(千葉県出身)とTHE …

2018/11/18

全文を読む

“埼玉ディス”『翔んで埼玉』実写版キャラクタービジュアルが話題に「まさかギャグ映画だなんて誰も思わない…」

(C)2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

 2019年2月22日(金)に公開予定の映画「翔んで埼玉」のキャラクタービジュアルが解禁された。原作の世界観を再現した圧倒的なビジュアルは、ファンの間で「一体何の映画なんだ… 気合いが入りすぎてて笑うわwww」「『翔んで埼玉』の文字がなければ完全に大長編スペクタクル映画のオーラです」と早くも大きな話題を呼んでいる。

 映画「翔んで埼玉」の原作は、埼玉を痛烈に批判した魔夜峰央のギャグマンガ。同作で描かれている“架空世界”の日本ではかつて埼玉県民が東京都民からひどい迫害を受け、身を潜めながらほそぼそと暮らしていた。そんな中、東京都知事の息子・壇ノ浦百美はアメリカ帰りの謎の転校生・麻実麗と出会って互いに惹かれはじめる。しかし百美は麗が埼玉県出身と知ってしまい…。

 今回披露されたのは、二階堂ふみ、GACKT、伊勢谷友介、京本政樹の4人。ポスターには「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ!」「これは… 埼玉特有の熱病、サイタマラリヤ!」など、それぞれのキャラクターが発した“ディス”台詞が添えられている。

(C)…

2018/11/10

全文を読む

関連記事をもっと見る

このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉 (Konomanga ga Sugoi!COMICS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mitei

当方関西に住んでるのであまり詳しくは知らなかったが、埼玉ってそんな地域だったのか笑 逆に関西ではやりにくいネタだな。それぞれ特徴あるし、叩きにくい印象。

2016/07/02

さいたまのたぬき

なんじゃこれは・・・というのが初見の感想。 まあとにかく埼玉をけなすのがひどい・・・ 「埼玉のくちになる」 「その辺の草でも食わせておけ」 「関所があり通行手形がないと通れない」 「サイタマラリア」 でも読んでいるうちに、著者のツンデレ的 埼玉愛に気づかされ読んでいてひどいなと思いながらも 埼玉県人はきっと許してしまうのだ。 じつは埼玉が中心になっているが、 茨城県のdisりかたのほうがひどい。 なので茨城県人の方は読まない方が良いかもしれない。

2016/01/09

積読亭くま吉(●´(エ)`●)

★★★主人の転勤に伴い、仮の住まいを彼の地に決めたので予備知識の為に読んでみました。この本を読んでから、敢えて所沢に住む私もどうかと思います。けどね、けどね、だけどもだけど…正直あまり茨城と変わらない長閑な風景が、はい。過度にディスってるわけでも無いような気がする今日この頃。埼玉にお住まいの皆さん大変失礼しました。(*_ _)人ゴメンナサイ。って、内容の面白可笑しいコミックでした。埼玉・茨城にご縁のない方には、何が面白いのかサッパリ分かるわけ無いような気がします。(正直)…あえて素直。

2016/05/08

寺になりたい蛸(チュー)

近頃世評高いこの漫画、とうとううちの田舎のローソンにも並んでいた。値段も手頃なので買ってみた。魔夜峰央の本なんて初めて買った。パタリロのアニメを小学生の頃見ていたなぁ。初出は1982年。まず絵が古びていないのが凄いと思う。この埼玉差別は当時はセーフ、今はギリギリアウト(笑)。いかにも80年代っぽい。当時小学生だった私にも、こういう毒舌があの頃特有の産物だったと思う。つかこうへい的というか、ツービート的というか。「ダサい(元々は「だから埼玉」の略)」という言葉が流行り出した頃の時代精神の貴重な資料でもある。

2016/01/16

澤水月

ついに差別極北漫画復刊!80年代前半と魔夜先生の絵もギャグもキレッキレ。開けた窓に「夏は暖房冬は冷房」はこれだったかギャグ染み付いてる。「死ぬまでに山手線に…」、当時浦和民、埼京線も県庁所在地なのに浦和に留まらず苦労して都内に通った日々を思い出す(当時この漫画に県民は大喜びでした!)。茨城の扱いも酷すぎ最高。お前はまだグンマを知らないも本作が源流と見ていいと思う。田×角×とか二階階など腐敗政治やヘイトそのものの愚劣も強烈に照射全くテーマ古びずさすが。SF村に入りたかったのは意外、孤高…長く生きるもんだ

2015/12/24

感想・レビューをもっと見る