読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

またたび

またたび

またたび

作家
菊池亜希子
出版社
宝島社
発売日
2016-12-12
ISBN
9784800258151
amazonで購入する

またたび / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ケンイチミズバ

映画にもなった本の表紙で知りました。かわいい人だなと思いました。こんな人とゆる旅ができたらいいだろうなと思います。タイプだなあ。でもモデルさんでもあって身長が高くて私とは釣り合いがとれないなあ。シンプルな服装も好感が持てます。癒された。

2017/03/28

ぶんこ

そんなに厚い本ではないのに、上下2段組の文章で読みでがありました。「おばあちゃんたらし」だそうで、旅先々でおばあちゃんと仲良くなっているのが微笑ましい。私はアッコちゃんのお母さん世代だが、やっぱりアッコちゃん大好き。写真を見ていると自然に笑みがこぼれる。スッキリとして品があり、素直そのものの顔。いいなぁ。旅先でモリモリ食べるのも好ましい。その旅の醍醐味として「心細さを感じること」と言っているのには思わず「まさしく!」と共感しました。田尾さんの写真もクセがなくて素晴らしい。爽やかな読後感を味わってます。

2018/03/02

><

初版2016年。かわいい亜希子さんがいっぱい。リュックに身支度して、お気に入りの靴を履いて、旅行に行きたくなりました。そして、その場所のおいしいものをいただいて。楽しいだろうなー。

2016/12/29

にゃあ

旅の本を読むと自由を感じる。 まだこれからどうにでもなれるんだと。 思ったことを実行出来る人になりたい。 思ったことを口に出来る人になりたい。 もっと楽に生きたい。 色んな事を感じて、考えて、吸収して。 私のペースで過ごしていきたい。 秋田犬可愛かったー。

2017/05/11

mukimi

菊池亜希子さんの本が大好きです。最近、あぁ辛い…と思う日々が続いて、この爽やかな風が吹き抜けるようなフォトエッセイを開いた。菊池さんは、自分を幸せにするものや人の優しさに対する感受性が豊かな方なんだと思う。私も今日から、自分を「ちょっと幸せ」にするものや人の優しさに敏感に暮らそうと思う、生きるために。

2018/10/15

感想・レビューをもっと見る