読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断 後編 (宝島社文庫)

メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断 後編 (宝島社文庫)

メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断 後編 (宝島社文庫)

作家
田中眞一
長谷川 徹
佐野晶
出版社
宝島社
発売日
2016-12-16
ISBN
9784800263759
amazonで購入する

メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断 後編 (宝島社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

どどいち

最後が良い形で終わって良かった。ドラマを観てから小説を読みましたが、ドラマ同様、面白かった。医療シリーズは専門用語が飛び交いますが、器具の名前と使いかたは何となく雰囲気で解った様な解らない様な…。

2017/02/02

山猫

ドラマの時から引っかかってたことが一つ。麻酔って普通執刀医の目の前でかけるもんじゃないの?てか、その段階から手術開始なわけで、素人にもバレバレなウソは如何なものかと。 上下巻通じて気になった言い回しは二つだけ(「タダじゃ転ばない」と「吐息をつく」)というのは昨今の出版物の中ではかなり優秀、かつ宝島社のものとしては奇跡的!

2017/05/31

ドットジェピー

ドラマも小説も良かったです。私的には後編の方が好きです

2016/12/30

響霞

後編も面白いと思いました。 まさか、そんな事が隠されていたなんてと、最後は良い形で終わって良かったです。 こうして、小説で読んでしまうとドラマ見ておけば良かったかなと思ってしまいました。

2016/12/21

MOFA

物語が進展したって感じです。面白く読めました。ほぼ一気読みです。子どもを失う感覚は想像できないですね。自分が耐えられるか自信がありません。その後前に向いて進んでいけるか、これも自信がありません。強い心を持つにはどうしたらいいかな。考えてしまいます。

2017/05/30

感想・レビューをもっと見る