読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

稲盛和夫 魂の言葉108

稲盛和夫 魂の言葉108

稲盛和夫 魂の言葉108

作家
稲盛和夫
稲盛ライブラリー
出版社
宝島社
発売日
2018-09-27
ISBN
9784800280855
amazonで購入する

稲盛和夫 魂の言葉108 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

coldsurgeon

稲森和夫氏の経営・人生哲学のエッセンスがしっかりと詰まっていて、読みごたえがある。要再読。

2018/11/27

稲盛和夫さんのこれまでの著書の中から名言を集めてきた名言集のような感じ。 昭和くらいまでの偉人は総じて仏教への信仰があつく、その教えをしっか体現している人が多いと思う。稲森さんも例外ではない。 周りが去ろうと耐え忍んで自分と自分の仕事に向き合い続けた人の言葉はしっかり響く。 他の著書も読んでみたい。

2019/11/12

Cozy

タイトルにある「魂」の言葉に納得。ど真剣にむきあう「意識の高さ」こそがすべての行動の原点。

2020/06/29

土井あゆみ

本書は僕が最も尊敬する経営者の1人、稲盛和夫さんの名言集だ❗️いつも稲盛さんの言葉は物事の核心をついていると感じる❗️その中でも特に印象に残ったのは、未来への見通しも定かではない現代社会では、"何が正しいのか"よりも"生き方"が問われ、生きる指針となる"哲学"こそが、今の時代を生き抜くために必要である❗️という内容だ‼️確かに、学校などでは正しさのようなものを教わってきた気がするが、大人になってからは自分がどういう生き方をしたいか❗️だと僕も思う✨つまり、自分の人生、自分で生き方を決めるということだ?

2019/01/31

Coyote

稲盛さんの数ある本の中からとくに重要な部分を集めた総集編のような本。今まで何冊か稲盛さんの本を読んでいたので、こんなこと書いてあったなと思いつつ、復習できました。逆に、今まで知らなかったような、稲盛さんの若い頃のダメエピソードもあったりして、新しい発見がありました。正直なところ、稲盛さんの教えの中には今の時代に合わないものもあると思います。直近の社会情勢を踏まえた記載もあったのですが、どうして稲盛さんの経験則は時代を超越して不変だと言えるのか分からなかったので、今後自分なりに考えていきたいと思いました。

2019/01/06

感想・レビューをもっと見る