読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

総理にされた男 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

総理にされた男 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

総理にされた男 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

作家
中山七里
出版社
宝島社
発売日
2018-12-06
ISBN
9784800287359
amazonで購入する

総理にされた男 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

中山 七里は、新作中心に読んでいる作家です。未読の新刊文庫を図書館の新刊コーナーで見つけて読みました。ノンストップ総理替玉ミステリ・エンタティメント、面白く一気読みしました。エンディングもサプライズがあり好感が持てます。中山 七里のマイ・ベストです。小泉 進次郎が総理大臣になったら、本書のような事が実現されるのかも知れません。

2019/01/22

まるけん

まさかの中山七里でございました。こういう作品もお書きになるとは…、やはりドンデんの中山さんでした。帯にもあるようにソックリさんが総理になる。発想は面白いけど、結論から言ってムリがあると思います。まぁ、政治家としてスレた成長❓を遂げた末に総理になるより、純粋無垢な素人が飛び級で総理になると至極真っ当な政策を展開するというのは分かるような気も…。『海外の事件』は少し引き込まれたけど、原田マハさんの『総理の夫』の方が好きだったかなぁ。まぁ、社会勉強にはなりましたけど。次は期待を込めて『愚者の毒』へ。

2019/01/20

キック

売れない役者の慎策は総理のモノマネが得意。そんな慎策が総理の替え玉となり、国を動かす羽目に。官房長官と友人の准教授の指南を受けつつ、モノマネ芸を駆使して、ド素人の慎策は国会議員を官僚を国民を騙し続けられるのでしょうか。物語の舞台は、まさに今の日本のパラレルワールドで政治課題もほぼ同じ設定です。荒唐無稽だとか非現実的だと言ってしまえば、物語は成立しません。私は、期待以上に面白かったです。それどころか、存外、市井の中に、政治家として有能な人材が埋もれているのではないかと夢想したのでした。

2019/01/29

Junichi Yamaguchi

『普通の人間』… 僕は政治に疎い。 だからこそ、主人公を応援してしまう。 読後は今の政治に期待をしてしまう。 僕なんかにも届く声を、響く声を。 体裁を刈り取ったような声を。。

2019/01/16

ひろ

総理そっくりの容姿で物まねをしていた役者の卵が、総理の危機を国民に隠すため総理にされてしまう物語。よくこんなことを考えて小説にしちゃうなんて中谷七里はやはり凄い作家だと思う。政治のことあまり知らなかったけど勉強になりました。最後も良かった。お勧めです。

2019/02/17

感想・レビューをもっと見る