読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

総理にされた男 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

総理にされた男 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

総理にされた男 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

作家
中山七里
出版社
宝島社
発売日
2018-12-06
ISBN
9784800287359
amazonで購入する

総理にされた男 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

三代目 びあだいまおう

痛快❗久しぶりに読書でスカッとしました。野党に政権を奪われた国民党が政権を奪回!勝因は当時の与党・民生党の運営の酷さと、若き国民党党首真垣の魅力!真垣総理のモノマネを特技としていた役者志望の加納は、ある日突然拉致され、時の総理真垣首相の影武者に!丁度、閣僚人事が一新され小泉進次郎議員が初入閣したのを機に本書を読んだが、マジ痛快❗対閣僚、野党、官僚、テロ、そして国民と対峙し、国難を救う為の加納の無垢な感情と言葉が今の日本に必要とされる真のリーダー像に見える❗やけにリアルで頼もしい展開、マジ面白かった‼️🙇

2019/09/12

starbro

中山 七里は、新作中心に読んでいる作家です。未読の新刊文庫を図書館の新刊コーナーで見つけて読みました。ノンストップ総理替玉ミステリ・エンタティメント、面白く一気読みしました。エンディングもサプライズがあり好感が持てます。中山 七里のマイ・ベストです。小泉 進次郎が総理大臣になったら、本書のような事が実現されるのかも知れません。

2019/01/22

まるけん

まさかの中山七里でございました。こういう作品もお書きになるとは…、やはりドンデんの中山さんでした。帯にもあるようにソックリさんが総理になる。発想は面白いけど、結論から言ってムリがあると思います。まぁ、政治家としてスレた成長❓を遂げた末に総理になるより、純粋無垢な素人が飛び級で総理になると至極真っ当な政策を展開するというのは分かるような気も…。『海外の事件』は少し引き込まれたけど、原田マハさんの『総理の夫』の方が好きだったかなぁ。まぁ、社会勉強にはなりましたけど。次は期待を込めて『愚者の毒』へ。

2019/01/20

さくらさくら

荒唐無稽だが面白い。そして色々考えてさせられた。近年災害や世界情勢で想定外な事が多発しており、国として国民の生命や財産をどの様に守って行くのかを真剣に考えなくては日本はダメになってしまうと思った。

2019/10/03

ぶち

総理の“替え玉”にされた売れない舞台役者が国民の怒りと願いを代弁してくれる、エンターテインメント小説。政治の世界を分かりやすく描いてくれていますので、新聞などを読んでいてもよく解らないところが理解できるようになりました。そして、中山七里の作品ですので、予測不能な展開を楽しめ、最後には爽快な感動を味わえます。「この作品はフィクションであり、登場する人物・政党名・団体名は実在するものとは関係ありません」が白々しく感じられるほど "あぁ、あの人のことね” と容易に想像がついてしまうのも、また別の楽しみです。

2019/04/26

感想・レビューをもっと見る