読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

これからのビジネスマンに必要な教養が身につく! 世界の名著見るだけノート

これからのビジネスマンに必要な教養が身につく! 世界の名著見るだけノート

これからのビジネスマンに必要な教養が身につく! 世界の名著見るだけノート

作家
福田和也
出版社
宝島社
発売日
2019-01-15
ISBN
9784800290380
amazonで購入する

「これからのビジネスマンに必要な教養が身につく! 世界の名著見るだけノート」のおすすめレビュー

世界の名著100冊分の内容が1冊に! ビジネスマンに必須の教養がイラスト付で入ってくる

『これからのビジネスマンに必要な教養が身につく! 世界の名著見るだけノート』(福田和也/宝島社)

 世界文学、日本文学、ビジネス書、哲学書…さまざまなジャンルにいわゆる“名著”が存在しているが、名前は知っていても読んでいないという作品が大半ではないだろうか。「名著を読め」というアドバイスはよくあるが、よほどの本の虫でもなければ片っ端から名著を読み下すことはできない。とはいえ、ビジネス上の会話において、名著の内容を知らないために、上司や取引先から“常識がない”と思われてしまうこともある。そんな事態を避けるために、あらすじや要点だけでも知っておきたい…そう思っている人は少なくないはずだ。本書『これからのビジネスマンに必要な教養が身につく! 世界の名著見るだけノート』(福田和也/宝島社)は、そんな思いに応えてくれる夢のような本。作品ごとに1~2ページを“見るだけ”で、古今東西の名著・100冊の内容を把握することができる。

■物語のモチーフによく使われる『白鯨』 どんな話か知っていますか?  小説や映画のモチーフとして度々登場する『白鯨』。だが、実際に元ネ…

2019/3/13

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

これからのビジネスマンに必要な教養が身につく! 世界の名著見るだけノート / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ナイスネイチャ

名著と言われる作品をほとんど読んでいない事がわかる。ただ1〜2ページで作品のあらすじでは物足りないと感じた。本書はそれが売りなのですが。ちゃんと読んでみたいと思わせる内容でした。

2020/03/15

ゆき

イラストとともに粗筋が書かれているので分かりやすかった。海外の古典や近代文学は、読みたいと思っても難しそうな印象が強く今まで読んでなかったので、これをきっかけに読んでみたい本が増えました。

2019/03/22

ソーニャ

世界の名著を読みたいという願望はあるが全部を読むことは現実問題不可能なので、せめて有名なものについてはあらすじだけでも知りたいと思い手に取ってみた。 世界・日本の文学、政治経済・ビジネス書、歴史・哲学の名著のあらすじをイラスト付きで紹介したもの。 1,2ページの短い紹介なので本書だけではかすかに知れたという程度。当初の目的ではこの本にあるあらすじで満足するはずだったが、逆にちゃんと読んでもっと知りたいと思う本が何冊も出てきた。読書の幅が広がるのは良いことなので今度この本を参考に本を選んでみようと思う。

2019/11/20

しぃ

これ系流行ってるなーと思いつつ。タイトルに偽りなし、世界の名著と呼ばれる作品について、それがどんなことを書いたモノなのかをごく簡単に教えてくれます。だからかな?文学作品は特に全然面白そうに思えないまとめ方です。これの何が面白いの?凄いの?と逆に興味を引くスタイルなのか。あと絵で表している登場人物が間違っているのか、話の流れが繋がらない箇所がいくつかあって引っかかりました。でもビジネスマンが教養として得る知識としては良いのかな。人には勧めません笑

2020/02/02

シンヤ

世界の古典文学や近現代文学ほとんどを読んでないのでこの題名に惹かれて購入(笑) 忙しい人には世界の名著が短時間でわかる。神曲、デカメロン、ファウスト、カラマーゾフの兄弟、戦争と平和など読みたいです。

2019/02/03

感想・レビューをもっと見る