読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

リケジョ探偵の謎解きラボ 彼女の推理と決断 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

リケジョ探偵の謎解きラボ 彼女の推理と決断 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

リケジョ探偵の謎解きラボ 彼女の推理と決断 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

作家
喜多喜久
出版社
宝島社
発売日
2019-04-04
ISBN
9784800293459
amazonで購入する

リケジョ探偵の謎解きラボ 彼女の推理と決断 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ダイ@2019.11.2~一時休止

リケジョ探偵の謎解きラボその2。連作短編集。二人の関係はいろいろ問題も発生しましたが最後にうまくまとまった?。

2019/05/23

ゆきちん

リケジョ第2弾。2人は婚約しててクリコさんが留学から戻り同棲生活に突入も甘い雰囲気はまったくなくて、すれ違い。献身的な江崎。頑張れ。じゃなくて、保険金の調査ミステリー。どれもしょっぱい感じで、正式にアドバイザーに就任したクリコさんと江崎くん、頑張ってました。まだ続くかな?続いたら読むかも。

2019/07/03

よっち

二年間の留学を経て帰ってきた研究者・友永久理子と同棲を始めた保険調査員の江崎。相変わらず厄介な依頼を二人で取り組む一方で、結婚に向けて着々と準備を進めていく二人の生活には様々な問題も生じる第二弾。スズメバチに刺されて死んだ妻、二人続けて夫が脳溢血で死んだ妻、離婚寸前で崖から転落した夫、そしてガン宣告が他より多い病院と、夫婦にまつわるテーマが多く、警察による捜査とは立ち位置が違う分、グレーで終わることもあったエピソードは興味深かったですが、二人が試練を乗り越えていい関係になってゆく様子がとても良かったです。

2019/05/08

coco夏ko10角

シリーズ第2弾。まず内容紹介で「あら~」とちょっとニヨニヨしちゃったけど、この二人だからあま~い感じではないね。前作では物語としてスッキリする感じだったけど、今回は「長年保険調査員をやってるとこういうケースもある」といった話が多かった気がする。最後みたいに生命保険以外のももっと読んでみたいけど、それだと久理子さんの知識をからめにくいかな。

2019/07/05

ponpon

シリーズ2巻。前作最後でアメリカへ渡った久理子さんが、漸くの帰国。保険調査員の江崎くんと同居することに。以前と同じく保険調査に望むものの、どこか浮かない雰囲気が・・。すっきりしない決着を見せる事案が多いですが、第1章と第2章は怨念を主題にしていて、登場する女性らが怖すぎます。第3章で想像される将来は男性の望んだものだったのか?いっそ助けられなかったほうが本望だったのかも。第4章では、久里子さんの言動の背景が明かされ、無事にハッピーエンドへ。末永くお幸せに

2019/04/20

感想・レビューをもっと見る