読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

証言 長州力 「革命戦士」の虚と実

証言 長州力 「革命戦士」の虚と実

証言 長州力 「革命戦士」の虚と実

作家
前田 日明
ミスター高橋
大仁田厚
藤原喜明
金本 浩二
ほか
出版社
宝島社
発売日
2019-05-27
ISBN
9784800294593
amazonで購入する

証言 長州力 「革命戦士」の虚と実 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

0607xxx

レスラーをはじめ、関係者が語る長州力。長州憎しの面々も多く、今のバラエティー番組に出演し、ニコニコしている長州力からは想像できない様な話もちらほら…。なかなか面白かったが、長州ファンは覚悟が必要かも。

2019/06/13

qoop

団体や事件を俎上にあげ、立場を違えた関係者たちが語る様々な“真実”なるものを聞き取って来た本シリーズだが、本書は個人をテーマとしたためこれまでと印象が異なる。個人では、空虚であるためいっそう複雑怪奇なものとなる出来事の真相を想って愉しむというねじれた/プロレスらしい面白がり方が出来難く、毀誉褒貶激しい人物の挿話集の域を出ないと感じる(企画意図がそこにあるなら、まぁ…)。単に挿話としてみればミスター高橋氏のパートが面白かった。個人的につながりが薄そうな分、しがらみから来る補正が入っていなさそうだから、かな。

2019/06/10

Mr.deep

新日現場監督で見せた有能さとWJで見せた無能っぷり、色んな人を引き付ける人間的魅力と人間関係継続の下手糞さ。この方を一番よく表してるのは、上井文彦の「育ちだってあるかもしれない。そんなの、誰も責められないって。それは持って生まれた人生じゃないですか」じゃないかと思う。

2019/07/19

Tak

証言シリーズ ガチで長州嫌いの人選も多く(金本、西村、カーン)なかなか面白かった。谷津と永島のオヤジは相変わらずで何より笑 藤原はやっぱり自分と対極の棚橋が嫌いなんだな〜

2019/06/13

mm71

証言シリーズの最新作。面白かったのは、船木。幻の長州ヒクソン戦のシミュレーション。パンクラスのとき、どう見ていたか率直に語っています。谷津、カーンは相変わらず悪口三昧。逆に一切文句を言わない越中の男らしさが光る。まさにサムライ。

2019/06/01

感想・レビューをもっと見る