読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

泣ける! ミステリー 父と子の物語 (宝島社文庫)

泣ける! ミステリー 父と子の物語 (宝島社文庫)

泣ける! ミステリー 父と子の物語 (宝島社文庫)

作家
冲方丁
岡崎琢磨
里見 蘭
小路幸也
友清 哲
出版社
宝島社
発売日
2019-06-06
ISBN
9784800295354
amazonで購入する

泣ける! ミステリー 父と子の物語 (宝島社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みかん🍊🌸

さほど泣けなかったけど、ほっこりミステリーだった、父と子のミステリー仕立ての5人の作家さんによる単編集、印象深かったのは「神様のペテン師」娘を助けるために大がかりな詐欺を企む父親、「カモからなにかを奪ったりしない。向こうが喜んで差し出すようしかるべき心のツボを押してやるん」この作品は続編があるそうで読んでみたい。

2019/06/27

かめりあうさぎ

アンソロジー。全体的に日常の謎系という感じ。最初の岡崎先生の『進水の日』は泣けました。他は泣きはしませんでしたが、軽く読めてほどよく謎があって面白かったです。最後の冲方先生の『バイシクル』だけ毛並みが違って驚き。父と子というテーマで様々な物語が生まれるのはすごいなぁと思いました。

2019/11/30

Kazuko Ohta

「泣ける映画」とか「泣けるミステリー」というキャッチコピーは嫌いです。10本映画を観たら6割以上泣く私ですが、それでもそんな煽り文句に乗せられたくない。観るかどうかのポイントは泣けるかどうかじゃないから。泣けるからっていい映画とは限らんし。てなわけで、「泣ける」に「!」まで付いたタイトルってどうよ。「父にまつわる一編」として書かれた5編。一風変わっていてミステリーなのかと訝りながら読んで驚かされたのは友清哲。小路幸也も好きでした。こうなりゃ親子関係そのものがミステリー。泣かなかったけど、どれも良い話です。

2019/06/25

小梅さん。

どの作品も素敵だった。 親子って、いいなって。 特に、離婚を考える夫婦の話。 まさかの典型におーーーってなる。 あの子のことは、ちゃんと気がついたけど。 びっくりと言えば、バイシクルもそう。 子供と自転車のふふふな話にしては、なんだか違和感があって、ううむと思っていたら、そいうなっちゃうのか。 詐欺師の話は、続きが単行本であるみたいなので、読んでみたい。

2019/07/15

のんちゃん

父と子が織りなすアンソロジー。題名の泣ける!はいらなかった気がする。単行本刊行時のタイトルの方がしっくりくる。5作品収録中、初読み作家さん2名。ミステリーというほどの色合いはないが、そこそこ楽しめた。やはり小路先生の作品が読みやすく後味も良いので、あらためて好きな作家さんだと確認。アンソロジーはこれをきっかけに元収録の作品を知れるのも嬉しい。早速、一冊、読みたい本登録をした。

2020/03/22

感想・レビューをもっと見る