読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

木村カエラ『NIKKI』

木村カエラ『NIKKI』

木村カエラ『NIKKI』

作家
木村カエラ
出版社
宝島社
発売日
2020-06-23
ISBN
9784800297563
amazonで購入する

木村カエラ『NIKKI』 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

こいちゃん

2019.1〜2020.3までの1年強を日記形式で綴った初のエッセイ本。僕は木村カエラのファンを15年している。ファンにも色んなタイプがいると思うが僕はこの15年を経て私生活は知りたくないタイプのファンになった。要はずっとスターでいて欲しいのだ。その為購入に迷いはなかったが読むのは少し躊躇った。知りたくないことが絶対に書かれている。試しに3日分読んでみたが辛くて読むのをやめた。でも帯にもある通り彼女は自然な自分を見てもらいたくて書いているはずなので少し時間をおき意を決して読み始めた。(コメントに続く)

2020/06/27

しゅんぺい(笑)

なんかこれ読んで、自由になった。思ってることはそのまま書いていいし、大切なことだけ書かへんとあかんわけでもなく。当たり前やねんけど、ほっとした。

2021/02/06

chimu

タイトル通り15周年イヤー1年間の日記。 今まで表に出なかった彼女の妻であり母の部分やネガティブな部分が垣間見れ、木村カエラもひとりの人間だったんだ、と妙に安心した。日記の随所に当時製作してた曲のエピソードも登場するので、 改めて15周年のアルバム「いちご」を 聴きながら本を開いてみるのもオススメする。 しあわせなことをしあわせと感じ、大切な人と過ごす日常を愛する。いま読みたい本だった。

2020/08/12

pickles

読んで、さらに好きになった。2歳の娘がいる今、良いタイミングでこの本に出会えて良かった。夫婦としても素敵だけど、子供達に対する愛情に私も、あーなりたい。と思った。以前、ライブにも行ったことがあるけど、今度は家族で行きたい。

2020/08/10

みほた

デビュー時から大好きなアーティスト。辛い時カエラちゃん聴いて何度もエナジーをもらっている。今も仕事や生活が辛くて、どうしようって想う毎日。母として、妻として、アーティストとして、毎日をやりくりしているカエラちゃんの日記を読んで、私1人じゃないんだと思えた。すごいな、母でありながらも仕事を、音楽を続けているの。私の憧れの存在。また読み返したくなるNIKKI。

2020/07/23

感想・レビューをもっと見る