読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

堀江貴文のゼロをイチにするすごいプレゼン

堀江貴文のゼロをイチにするすごいプレゼン

堀江貴文のゼロをイチにするすごいプレゼン

作家
堀江貴文
出版社
宝島社
発売日
2019-09-27
ISBN
9784800298386
amazonで購入する Kindle版を購入する

堀江貴文のゼロをイチにするすごいプレゼン / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あっか

堀江貴文さんらしい簡潔な言葉で、細かいテクニックというよりはプレゼンに1番大切な根幹を伝えつつも、でも超基礎的なところも超大事だよ!という思いが伝わってくる1冊でした。もう少し細かく語って欲しい〜!という部分もあるけれど、逆に変にこねくり回す物じゃないんだよなーということも伝わってくるようで逆に良かったと思います。テクニックを学ぶことで肝心な内容が疎かになってしまうような気もするので…^^;ちょっと自信が持てました♪

2020/03/14

タナカ電子出版

この本は堀江貴文さんのプレゼン本です☺️4章構成で 1章心得 4chapter 2章準備 10chapter 3章スライド 7chapter 4章 実践 9chapter となっています✨私が特にお気に入りな所は3章スライドで字体(フォント)の説明でした。ゴシック体は可視性が高く道路標識に採用⛔文字の縦横の太さが同じです。遠くからでも確認しやすい。明朝体は文字の横が太く可読性が高いことから新聞で採用されています。このようにプレゼンで効果的な字体を説明してくれています💕

2019/12/19

Tenouji

月末にプレゼンを控えているので、ざっと読んでみた。そのプレゼンで何が欲しいのか、自分達の売りは何か、先ずは自己紹介、あたり、参考になりました。

2020/01/07

けほんこ

短く伝わりやすい プレゼンのお手本のような本 前回プレゼンで失敗したわたしは 次回のプレゼン参加を 迷っていましたが 出ようと決意! 前回のは やはり要素もりすぎ さらに 細かく原稿を作りすぎで 自分自身に自由度がなさすぎて うまく進行できませんでした ギャグ要素満載 ネタ満載で展開しすぎたため 正直応用の効くプレゼンでなく また上記要素を 画像やらでスライドとして 用意していたので 話す前にオチを出してしまったりと スーパーぐだぐだでした(⌒-⌒; ) 本書にある要素で短く 具体的なプレゼンに挑みます!

2019/10/10

Susumu Tokushige

プレゼンの心構えや準備、実践方法について掲載。プレゼンの基本スキルは『姿勢・発音・声量・視線・間』であり、プレゼンの達人とは、①目標・ゴールが明確、②ターゲットが明確、③相手に合わせた説明ができる、④構成・内容をマスター済み、⑤聴衆に向けて自分の言葉で話せる、⑥ハプニングを恐れず慌てない、とのこと。心掛けたい。「人間は細かい内容は覚えていないが、好悪の感情は記憶する」は非常に納得。ビブリオバトルでも、本の内容よりも紹介者の熱意でチャンプ本になることが多い。巻末の『テンプレタツ!』は常備必須の内容。役立つ。

2020/01/07

感想・レビューをもっと見る