読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

怪獣使いと少年ウルトラマンの作家たち 増補新装版

怪獣使いと少年ウルトラマンの作家たち 増補新装版

怪獣使いと少年ウルトラマンの作家たち 増補新装版

作家
切通理作
出版社
洋泉社
発売日
2015-04-03
ISBN
9784800306159
amazonで購入する

怪獣使いと少年ウルトラマンの作家たち 増補新装版 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Bugsy Malone

カバーにある、夕陽に浮かび上がる怪獣の影を見上げる、ランドセルを背負った少年。その少年に自分自身を重ね合わせ読み始める。しかし、そんなノスタルジックや裏話的な内容ではない事にすぐに気付かされる。四人の作家達がシナリオに託した「想い」。そこには、差別、疎外感、故郷、思想、そして願いが詰まっている。常に痛みを伴いながらそれらを読み取って行く。そしてその向こうには、もう一つの「ウルトラマン」の物語が見えて来る。

2015/05/17

まえすとろ

1993年、宝島社から刊行された「怪獣使いと少年 ウルトラマンの作家たち」から22年の歳月を経て、88ページにも及ぶ新たな検証記事を加えた「増補版」。テレビ界の発展期、日本経済の高度成長、安保闘争、沖縄返還、オイルショックなど「昭和」という時代の激しい流れの中で戦中、戦後を生き抜いてきた経験を元に≪ウルトラマンと怪獣が居る世界≫を通して、日本という国の「有り様」をこれからを生き、未来を築いてゆく力となる子供達にメッセージとして発信し続けた脚本家それぞれの人物像を通して作品思想を検証した空想怪獣譚の批評書。

2015/05/11

天使の奇跡

表題は、ウルトラセブンシリースの中の一作品の題名。内容覚えています。悲しい切ない話。 ウルトラマンの作家が、どんな思いで、書いたが分析されています。皆さん戦前生まれの戦争体験者、うち2名は沖縄出身。いろいろ考える本でした。ブースカが、イグアナだったこと、お荷物小荷物の背景など、知らないことたくさんありました。新装版で読みました

2017/01/14

v&b

疎い分野だが読んでいく→四人の脚本家について各章百ページに満たない分量で語られており、読みきれなかった。上原正三氏の言葉、腑に落ちるものが多かった。本の終わり方に深いものが。アマルガム的な感じも。読み方(と書き方)についても、自分なりに得るところあった。

2018/07/14

コウみん

ウルトラマンの脚本家たちの話でウルトラマンの中に現代社会の問題を語っているのを分かった。

2017/01/13

感想・レビューをもっと見る