読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

中学受験を考えたときに読む本

中学受験を考えたときに読む本

中学受験を考えたときに読む本

作家
小川 大介
齋藤 達也
安浪 京子
宝槻泰伸
竹内 薫
矢萩 邦彦
出版社
洋泉社
発売日
2018-03-29
ISBN
9784800314451
amazonで購入する

「中学受験を考えたときに読む本」のおすすめレビュー

【中学受験】受験勉強は何年生からスタートすればいい?

『中学受験を考えたときに読む本』(矢萩邦彦/洋泉社)

 中学受験は、子どもはもちろん、支える家族にとっても大きな挑戦となる。もしわが子が中学受験をするなら、何歳から塾通いを始めればいいか、どの程度の規模の塾がベストなのか、サポートする保護者としては知りたくなって当然だ。

『中学受験を考えたときに読む本』(矢萩邦彦/洋泉社)は、中学受験指導における複数のプロフェッショナルが中学受験の心構えや考え方、テクニックなどを語っている。プロフェッショナルごとに多様な考え方を披露しているが、中学受験の幅広い悩みや疑問に答える一冊となっている。

 受験勉強は何年生からスタートするのが理想か?

 3・4年生頃から受験勉強を始めるのがいいとよく聞くが、本書も「4年生からの3年間がちょうどいい」としている。子どもの成長上のメリット・デメリットを考えると5年生からの2年間で合格できるように力をつけるのがベストのようだが、近年の過熱する中学受験ブームの中で手堅く合格を勝ち取ろうとするならば、4年生からの3年間で力をつけるのが無理がないそうだ。ちなみに、受験勉強に耐え得る力は、…

2018/5/15

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

中学受験を考えたときに読む本 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あーさん☆秋ですし、「積読本」を減らしたい!

何だかんだ全体的に中学受験を勧めていないようにしか読めない本(¯―¯٥)

2019/07/20

アキ

子どもの中学受験は本人のためになるのか?東京では常識だが地域によって温度差がある。著者も中学受験経験者でその後中学で荒れた経歴をもつ。5人のインタビューの中で、サイエンス作家の竹内薫さんがスクール経営しているのは知らなかった。「高校受験した子の方が、社会に出た時しぶとい印象がある」と言うのを聞くとどうなのかなあと考え込んでしまう。塾が過去問から解法を教えるだけのものならば、近道のようでいて考える力を奪うことになりかねない。子どもを持つと谷に突き落として登ってこさせることはやっぱりできないようなあ。あ~あ。

2018/09/14

tomikko

結局、いろんな考え方やアプローチがあるよね、ということしか分からなかった。それぞれの自分語り。

2018/12/07

Sugiwoggie

子供が塾に行きたいと言い始めたので。

2019/05/18

shinomiya

狙っている学校レベルが全く違う世界に生きているが迷う

2018/10/29

感想・レビューをもっと見る