読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

サイコパスの手帖

サイコパスの手帖

サイコパスの手帖

作家
春日武彦
平山夢明
出版社
洋泉社
発売日
2019-05-27
ISBN
9784800316202
amazonで購入する

「サイコパスの手帖」のおすすめレビュー

トラウマ級のサイコパスがあなたの隣にも! 凶悪事件を引き起こし映画に描かれたサイコパス

『サイコパスの手帖』(春日武彦、平山夢明/洋泉社)

「サイコパス」とは他者への愛情や思いやりが欠如していたり、一般の人と比べて著しく道徳観や倫理観に欠けたりする人のこと。そんな“サイコパスの解説”を私たちはこれまでに何度目にしてきたことだろう。さまざまな関連書籍も多く刊行されている。だが、『サイコパスの手帖』(春日武彦、平山夢明/洋泉社)は、他のサイコパスの関連本とは一線を画すものだ。

 本書は2017年に刊行された『サイコパス解剖学』(春日武彦、平山夢明/洋泉社)の第2弾。精神科医・春日氏と稀代のホラー作家・平山氏という専門分野の異なるふたりが、お茶の間を震撼させた犯罪事件やトラウマになりそうなレベルの恐怖映画におけるサイコパスについて語りながら、なぜサイコパスが存在するのかについて考察を展開する。

■サイコパスは創作物の中にも現実にも存在する

 サイコパスをテーマにした書籍は、フィクションでもノンフィクションでも、シリアスな印象のものが多い。しかし、本書では気心がしれた二人の語り口はある意味軽快でもある。そのため、読み手である自分も雑談の輪に交じっ…

2019/7/1

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

サイコパスの手帖 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

平山 夢明は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。精神科医、春日 武彦との対談集は、昨年の「サイコパス解剖学」に続いて第二弾(洋泉社では)です。今回は「シャイニング」等、サイコパシーな映画に関する対談が中心でした。映画版「ダイナー」が公開されるので、遂に平山 夢明ブームが沸き上がるでしょうか(笑) http://wwws.warnerbros.co.jp/diner-movie/ 6月は本作で読了です。

2019/06/30

みどり虫📚

『サイコパス解剖学』がとても面白かったお二人の本。平山さんが話したい・聞きたいことが次々と溢れ出てくる生徒、春日さんが物知りでおおらかな心の持ち主の教授、といった感じの会話がとても好き!今回もおもしろくて、短時間で読みきっちゃったよ。もったいなっ!最近の事件(ピエール瀧のことも!)や映画に見るサイコパス。とても興味深いんだけど、とにかく平山さんの子供の頃の話が笑える。笑う話じゃなくても笑っちゃう。もうそれだけで平山さんを好きになっちゃう♡「ファーゴ」観たくなった。⚫️に隠れてる人名はコインでこすれば…⁉︎

2019/08/05

harass

おなじみのコンビの対談集。お互いのトラウマ映画のリストなど映画の登場人物たちについてのサイコパス論評もあるが、いつもの当時の話題をネタにした放言の数々。薬物中毒でピエール瀧の話題がでてきたので驚いたが、この本は今年の6月にでたもので納得。平山は読書メーターで自分の作品の感想を読んでいるのだそうだ。みたい映画も増えた。「何がジェーンに起ったか? 」は見てみたいものだ。良書。※映画名訂正

2019/07/20

GAKU

お二人の対談、第4作目。今回も笑わしてくれました。このシリーズ大好きです!

2019/07/27

hanchyan

仲良い友達と共通の話題で延々と語り合う飲み会、みたいな感じで、読んでて楽しい。とても面白かった。

2019/08/14

感想・レビューをもっと見る