読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

親とさよならする前に 親が生きているうちに話しておきたい64のこと

親とさよならする前に 親が生きているうちに話しておきたい64のこと

親とさよならする前に 親が生きているうちに話しておきたい64のこと

作家
清水晶子
しりあがり寿
出版社
サンクチュアリ出版
発売日
2016-09-27
ISBN
9784801400290
amazonで購入する Kindle版を購入する

「親とさよならする前に 親が生きているうちに話しておきたい64のこと」の関連記事

「親とのさよならの日」がきても後悔しないために。いま、話しておきたいこととは?

『親とさよならする前に 親が生きているうちに話しておきたい64のこと』(清水晶子:著、しりあがり寿:イラスト/サンクチュアリ出版)

 子どもの頃は、春が来るたびに学年が上がるなど新しいステージの始まりにワクワクドキドキしたものだが、大人になると1年が経ったからといって必ずしも変化があるわけでもなく、年の経過に鈍感になる。しかしながら、確実に歳は取っていくし、それは親も同じだ。

 たいてい、親は子どもよりも早く死んでいく。子どもには、親を見送るという試練が生まれながらに与えられているようなものだ。「親とのさよならの日」は、1年後にやってくるかもしれないし、20年後かもしれない。明日の可能性だってある。『親とさよならする前に 親が生きているうちに話しておきたい64のこと』(清水晶子:著、しりあがり寿:イラスト/サンクチュアリ出版)は、親が元気なうちに話しておきたい64の事柄をまとめている。

 葬儀社の役員を15年間つとめた著者は、実際に、親の死後に親の銀行口座が凍結されてなかなかお金が引き出せず200万円にものぼる葬式代を肩代わりした、知らされていなかっ…

2016/10/18

全文を読む

関連記事をもっと見る

親とさよならする前に 親が生きているうちに話しておきたい64のこと / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

わんつーろっく

高齢の母親は勿論のこと、私もそろそろ老前整理とライフデザインノートに少しづつその日までの想いを書き込んでいくお年頃。実家に帰るたび、昔のアルバムを眺めながら、私が知らなかったことを母の言葉で知らされることがとても嬉しい。両親が揃っていて元気なときに、そんなこと聞けないよなぁと思わず、いつか決めなくてはならない決断を先延ばしにしないで、一歩を踏み出せるように背中を押してくれる本だ。実家の処分は幸せだった記憶がいっぱいあって、辛いだろうなと覚悟している。

2019/07/15

おはぎ

★★★☆☆話しにくいけど亡くなる前に聞いておきたいことを①体・心の話、②病気・介護の話、③お墓・お葬式の話、④お金の話、⑤相続の話、⑥片付けの話とカテゴリー分けしてリストアップ。項目を挙げられても、このことを親と話せるかどうかが重要で、話の切り出し方にも触れられてるのが面白い。別冊の「もしものときに役立つノート」が本編で触れられたことをまとめるのに便利。

2017/01/25

珍田 浩平

【肩に触れ ぬくもりを知る いまのうち】 しりあがり寿さんが描いた表紙を見かけ、何となく読まなくてはいけない本、という気がしました。まだ、両親ともに元気なうちに目を通せてよかったと思います。遺影のこと、成年後見人という制度のこと、親の病歴をわかっておくこと、など、いまのうちにしておくべきことはずいぶん多いようです。幸い、そういった必要ごとをまとめるためのノートが別冊で付いてきます。親とじっくり会話をかさねながら、半年ぐらいかけて項目を埋めていきたいと思います。

2018/07/25

まんまる

正月帰省前に読んでみました。 まだ元気な親、だけど、いつ認知症やさよならになるかわからない。気付いたら高齢者になっている親。 元気なうちに話して、確認できることは明確に。何からすればいいか、その手がかりがたくさん得られました。

2019/12/29

obje

★★★☆☆ 親と離れて暮らすようになって15年以上の年月が経ち、最近実家に帰るとかなり衰えを感じるようになってきた。いつ何が起こるか分からないし、話せるうちに話しておきたいという気分にさせてくれる本だった。帯の文句が特に自分には印象に残った。

2018/02/27

感想・レビューをもっと見る