読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

仕事が麻雀で麻雀が仕事 (近代麻雀戦術シリーズ)

仕事が麻雀で麻雀が仕事 (近代麻雀戦術シリーズ)

仕事が麻雀で麻雀が仕事 (近代麻雀戦術シリーズ)

作家
藤田晋
出版社
竹書房
発売日
2018-08-01
ISBN
9784801915534
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

内容紹介

 勝負強さとは、生き馬の目を抜くようなこの世の中を生き抜く上で、とりわけ重要な能力です。ではその勝負強さはどうやって身につければ良いのでしょうか。凄く大事なことなのに、学校ではそれを教えてくれません。学校は勝負の場ではないからです。
 麻雀という競技は勝負の場です。「麻雀はビジネスに似ている」とは、多くのビジネスマンが口にしてきた言葉ですが、実際、不平等な配牌から早く大きくアガりを目指す麻雀は、ビジネスの世界の縮図のような面もあります。麻雀という競技を教科書にして、勝負強さを学び、身につけることは可能だと思います。それが本著を書いた狙いです。
 私自身、日々麻雀で学んだものを自分の仕事にフィードバックし、逆に仕事で身につけたものを自身の麻雀に活かしています。そんな思考をできるだけ分かりやすく伝えることを目指しました。コラム形式なので文字数は少ないですが、それだけに文字数の制限の中で、推敲を重ね、大切なことをギュッと凝縮して伝えたつもりです。また、麻雀と仕事を絡めたことで、普通のビジネス書よりも本質的なことを分かりやすく伝えることが出来たのではないでしょうか。
 とにかく経営者が書く本として、かつて誰も読んだことのないようなユニークなものに仕上がりました。麻雀好きな人も、麻雀はよく知らないビジネスマンも、ご一読頂ければ幸いです。(まえがきより)

勝ちすぎは破滅の入口
戦う前に、絶好調の自分を想像するな
違和感は放置するな
食えない奴ほど強い
人生は配牌だと思え
奴は死ぬまで保留する…話
制約を作ると深みが出る
麻雀も結果が全て
現実は、必ず主観に勝る
リーダーの役割
自分のタイミングで勝負しない
シンプルが一番
ツキを落とす執着心
著者について


著者紹介【仕事編】

1973年福井県生まれ。
97年に青山学院大学経営学部を卒業後、株式会社インテリジェンスに入社。
98年に退社し、インターネット総合サービス企業、株式会社サイバーエージェントを設立、代表取締役に就任。
2000年に当時史上最年少で東証マザーズに株式上場後、14年には東証一部へ市場変更、日経ビジネス「社長が選ぶベスト社長」に選出される。
16年、テレビ朝日と共同出資でインターネットテレビ局AbemaTVを発足させるなど新たな事業にも進出。
『起業家』『渋谷ではたらく社長の告白』など著書多数。

著者紹介【麻雀編】

小学校時代に覚えた麻雀にその後大いにはまり、高校時代は大学受験で東京に来たにもかかわらず受験前日に雀荘に行くほどに。
大学時代は、桜井章一氏の開く雀鬼会道場に通い腕を磨く。
現在も会社経営者でありながら麻雀の腕は超一流、2014年の麻雀最強戦では並み居るプロを倒して麻雀最強位に輝き近代麻雀でコラム執筆開始。
また2017年に行われた麻雀駅伝では著名人チームを率いて参戦、プロ3団体を相手に圧勝劇を見せた。
現在は、プレイヤーとして打つこともあるが、さまざまな麻雀大会を企画、スポンサーすることに重きを置き、プロが食える世界と業界の健全化に尽力している。

仕事が麻雀で麻雀が仕事 (近代麻雀戦術シリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ハッシー

★★★★☆ 経営者ではないので、麻雀とビジネスの類似性は分からないが、仕事ができる人と麻雀が強い人との共通点や、卓を囲めばその人の人間性がわかるというのは、自身の経験からも非常に共感できる。少しこじつけっぽいところもあったが、概ね賛同できる内容だった。ストイックなまでに真摯に麻雀に向き合う姿には、プロにも負けない麻雀愛を感じた。

2018/08/27

LibraBee!

【★★☆☆☆】年始に知ったAbemaTV。その社長の本を店頭で見かけたので思わず買ってみた。タイトル通りまさかの麻雀がビジネスに通ずるみたいな内容。この本からAbemaTVで24時間麻雀番組があったのが理由が社長が大好きだからと知った。私設でプロを読んで練習したり大会を開催したりして、それを番組にしちゃっというんだからビックリ。成功した人はこうでなくちゃ。きっと、この社長が総理大臣になったら麻雀は国技にしてくれると思う。頼むぞー!

2018/08/21

4545

TVを見ないのと同様、AbemaTVも見ないので、こんなに麻雀が盛り上がっているとは知らなかった。 麻雀を突き詰めているサイバーエージェントの社長による、ビジネス書風のコラム。まぁ麻雀でもゴルフでもトライアスロンでも突き詰めていけば、ビジネスに生かせるところはあるだろうけど。 「麻雀は勝負強さを学ぶ上で最高の教材になりえます」とのこと。麻雀を知っている人には面白いと思います。納得しながら楽しみました。

2018/09/30

federao

「人生はメタファー」の意味が、この本を読んで初めて理解できました。私はほんとに物分りが悪いな。 https://yoshimor.hatenadiary.jp/entry/2018/08/27/145946

2018/08/27

Ikehan6013

ヒトは楽の方に流れる。調子に乗らない。キレない。他者への想像力、会社と学校の違い、キャラの確率。、仕事で使えるワード盛りだくさん

2018/08/21

感想・レビューをもっと見る