読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

奇譚百物語 死海 (竹書房文庫)

奇譚百物語 死海 (竹書房文庫)

奇譚百物語 死海 (竹書房文庫)

作家
丸山政也
出版社
竹書房
発売日
2019-01-28
ISBN
9784801917439
amazonで購入する Kindle版を購入する

奇譚百物語 死海 (竹書房文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

夢追人009

丸山政也さんの持ち味はオーソドックスな正統派の怪談だなあと本書を読んで思いましたね。飛び抜けた驚きはない代わりに安定した満足感が得られるのが強みですね。それと半数近くがイギリスや外国を舞台に描かれた国際派で著者ならではの個性でしょうね。『昏い森』ロンドンのパディントン地区に住む女性エルマさんは夫と幼い双子姉弟の四人家族で愛犬を連れてエッピング・フォレストの森へピクニックに出掛ける。子供達が夢中で遊んで帰って来ると二人共全身が泥まみれになっていた。どうしたのと聞くと男の子と女の子と泥団子投げで遊んだという。

2020/11/12

HANA

実話怪談集。短い話を畳みかけるように語り、異様な雰囲気を醸し出す手法は本書でも健在。ただこの手法は一話ごとの印象が弱まるという弱点も抱えているように思える。本書もネタ的に弱い話もあるが、この手の怪談には珍しい海外の話を多用して、その弱点を補っている。中には倫敦の幽霊案内のような話もあって、それは懐かしく読んだのだけれども。そういう意味では「黒い犬の幽霊」とか「ピーター・ハウスの怪異」が面白かったかな。著者は実話怪談において独自の地歩を築きつつあるようなので、これからもこの方向で頑張ってほしいものである。

2019/03/11

はつばあば

読み友さんの「読みたい本」を検索したら、丁度kindleUnlimitedでありましたので先読みさせて頂きました百物語。ホラーはちょっと嘘っぽいというか作り物の文章の気配濃厚ですが・・これはねぇホンマものやから・・( ;∀;)。目が離せませんでした(^^;。

2019/02/03

澤水月

イギリスを中心に海外での怪談がちりばめられているのが今回も楽しい。自殺者続出の心霊スポット「白い崖」で起きる怪異はまるで日本の東尋坊そのもの…だが映画「さらば青春の光」のラスト場面が舞台とあって、読んでる途中からあのクールな映画とTHE WHOの音楽…てかキースムーンの破壊的なドラム…が脳内に響きっぱなしに。とにかく一巻通じテンポよく進み幻想的な味わいの話もあって最高

2019/01/31

さりぃ

#奇譚百物語 死海 #丸山政也 Kindle Unlimitedで読了。 あんまり怖い話はなかった。ちょっと残念。 外国の方のお話しが多くて少し拍子抜け。海外のお話だと、怖さが半減って感じがするかな。遠いせいかも?

2019/03/11

感想・レビューをもっと見る