読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ザンビ【小説版】 (竹書房文庫)

ザンビ【小説版】 (竹書房文庫)

ザンビ【小説版】 (竹書房文庫)

作家
秋元康
久田 樹生
出版社
竹書房
発売日
2019-03-27
ISBN
9784801918177
amazonで購入する

ザンビ【小説版】 (竹書房文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おかむー

乃木坂46の齋藤飛鳥を主演として、他メンバーも多数出演したドラマのノベライズ。そもそもドラマからして「B級ホラー」と呼ぶのさえ苦笑するような設定も展開も大雑把なトンデモドラマだったが、こちらはドラマに対してひとつの良さも悪さもないノベライズ。ドラマの内容をそのまま文字起こししただけといったレベルなので、ドラマを見ていたなら買って読む必要のないシロモノ。いつもの評価すらつけません( ̄▽ ̄;

2019/04/06

くろねこ

なんだこりゃ。 この作品はきっと乃木坂ちゃんたちの可愛さを観るドラマのためのやつ🧟‍♀️ だったらせっかくだし小説じゃなくドラマで観ればよかったなー。。

2019/05/11

bibliophage

本格ゾンビ小説でした。若干ジャンプしますが。

2019/05/14

猿山リム

 ドラマ未視聴ゲームも未プレイ。  まぁ予感はないでもなかったが、映像ありきな構成。  可愛いアイドルさんたちが閉鎖された施設内を逃げ回れば、それだけで画になることだろう。  その映像作品で伝えきれず、埋もれさせるには勿体ない斬新な裏設定を紹介する媒体としての「小説版」…を期待したんだけどね。  ザンビ≒ゾンビ  この手の作品でありそうな状況を特に工夫もなく並び入れて、それを活かすでもまとめるでもなくごにょごにょ。  映像作品としては映えそうなのは分からないでもないけど、なぜこの作品を小説化したのかが謎。

2019/06/27

ノギラテス

ドラマを見ることが出来る環境になかったので文庫化はうれしい。ただ展開に意外性はなく、乃木坂46が絡んでなければ買わなかったかも。

2019/05/09

感想・レビューをもっと見る