読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

怪談実話傑作選 磔 (竹書房怪談文庫)

怪談実話傑作選 磔 (竹書房怪談文庫)

怪談実話傑作選 磔 (竹書房怪談文庫)

作家
黒木あるじ
出版社
竹書房
発売日
2020-01-29
ISBN
9784801921498
amazonで購入する Kindle版を購入する

怪談実話傑作選 磔 (竹書房怪談文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

HANA

実話怪談集。傑作選なので読んだ事のある作品ばかりなのであるが、著者が著者だけにどれも安心して読める。いつも実話怪談を読んで思うのは、実話怪談って基本の文法みたいなのがあるので、そこに沿いつつ如何に著者の独自色を出していくかみたいなのがあるような。本書を読みつつ思ったのは、著者がそれに沿いつつ臨場感みたいなのを重視しているように見受けられた。実話怪談の「語り」という枠内からはみ出すようなメタな作りが目立つのもその表れか。しかもそれが効果的に働いているのが何とも言えないなあ。著者の力量を感じれる一冊でした。

2020/02/28

qoop

著者が2011〜2017年に書いた数多い怪談からの自選集。さすがに近作だけあって記憶に新しく憶えているもの多数。〈旧家〉〈軋怪〉〈仮名〉〈鬼祭〉などは読み返しても興味深い。また、次第に著者自身が怪異に巻き込まれていく様子が窺えるのも印象的。ここから更に「怪談売買録」へとつながっていくのかと思うと、業の深さを感じざるを得ない。何かが順調に積み重なっていってるんだな、と。

2020/02/04

ニコ子

kindle  傑作選だけあって傑作揃い。あるじさんの文体が好きです。

2020/05/28

山田

なんか読んだことあるなぁ〜と。 なんだろう…このデジャヴ感は… な〜んてビクビクしてたら、傑作選でした。 そりゃ読んだことある話ばかりだと安堵してしまった。 でも、傑作選だけあって再読しても怖いです。

2020/02/12

zero

『写霊』のようなメタ展開は本当に怖い。

2020/03/16

感想・レビューをもっと見る