読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大切な人が死ぬとき ~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~ (BAMBOO ESSAY SELECTION)

大切な人が死ぬとき ~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~ (BAMBOO ESSAY SELECTION)

大切な人が死ぬとき ~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~ (BAMBOO ESSAY SELECTION)

作家
水谷緑
出版社
竹書房
発売日
2020-02-13
ISBN
9784801921757
amazonで購入する Kindle版を購入する

「大切な人が死ぬとき ~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~ (BAMBOO ESSAY SELECTION)」のおすすめレビュー

「もっとできることがあったんじゃないか…」という後悔――緩和ケアナースとともに考える、大切な人の見送り方

『大切な人が死ぬとき 私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた』(水谷緑/竹書房)

 どんなに心を尽くしても、必ず後悔が残るのが大切な人との死別だ。『32歳で初期乳がん 全然受け入れてません』(竹書房)のなかで著者の水谷緑さんは、6年前に膵臓がんで亡くした父のことをふりかえり「人って突然死ぬんじゃない だんだん死んでいくんだ」ということ、そして「人はマジで死ぬ」のを実感したのを語っている。そのときの経験をもとに新たに描かれたのが『大切な人が死ぬとき 私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた』(竹書房)だ。

「死んでゆくのは大変だなぁ…」とつぶやいていた父、「がんばれない…」とふだん見せない弱音を吐いた父、「家に帰りたい」と強く主張した父。そのどれもに戸惑うばかりだったけど、もっとできることがあったんじゃないか、どんな言葉をかけてあげるべきだったのかと、あとから湧き出る後悔を読者と共有するだけでなく、緩和ケア病棟で働くナースからさまざまな形で死と向き合ってきた患者の話を聞くことで、残された時間をいかに過ごすべきかを探ってく。

 呼吸が止まりかけているのがわか…

2020/2/18

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

大切な人が死ぬとき ~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~ (BAMBOO ESSAY SELECTION) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

MAYU

母が20年前に余命宣告され、緩和ケアで息を引き取った過程をリアルに思い出した。そしてつい先日亡くなった愛犬のことも。いつかは誰にもやってくる死。見送る側旅立つ側。私には悔いしかない。もう一度会いたい。

2020/08/04

高宮朱雀

読みたいと思っていた人の別の作品を読んでしまったようで今後、縁のある作家さんになると思う。 著者が自身の父親を看取り、それによって引き起こされたいくつもの後悔について、緩和ケア専門のナースに尋ねながらその対処法を探って行くという内容。 別れとは突然やって来るものなので気構えの参考までに…と言いたいところだが、生前に余程の確執でもない限り、人の心というのはそんな単純には出来ていない。どれほど出来る事をしたとしても、字の表す通り、後から後から悔やむ事は尽きないだろう。 ただ寄り添うだけ、充分心強い事です。

2020/03/15

時々自分の死に行く場面をふと思う。そんな際に付き合ってくれる(自宅は無理そうだもんなあ)人たちのお話を聞いてみたく。冒頭、父の最期に悔いが残ってしまった作者が、タメ口で話せる緩和ケアに務める看護師が知る色々な最期を聞く。満点なんて誰も判定出来ないだろうが、ベターと思われる死への道が綴られている。正気のうちにこういう施設、こういう人たちにたどり着かねばと思う傍ら、遺された人の構えを作者が示すことにも感じ入る。

2020/04/12

むさみか

ご家族の気持ちと 医療従事者の気持ちが 両方の立場から 書かれるのは 珍しいかも ご本人を間にした関係ですからね 大切な人が死ぬときに どう言葉をかければいいのか そこに答えはありません 緩和ケアナースさんの言葉が しみじみと胸を打ちます・・・ いくつもの例をあげ 人にはそれぞれ 人の数だけ 生きた思いがあるから どうやって戦い生きるのかは その人によって違う だから 考え続けるしかないんですよね

2021/04/14

たらこ

緩和ケアについて。本人の意思をいかに尊重するか。3歳の話が心にきた

2020/02/27

感想・レビューをもっと見る