読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大阪怪談 (竹書房怪談文庫 HO 475)

大阪怪談 (竹書房怪談文庫 HO 475)

大阪怪談 (竹書房怪談文庫 HO 475)

作家
田辺青蛙
出版社
竹書房
発売日
2021-02-27
ISBN
9784801925014
amazonで購入する Kindle版を購入する

大阪怪談 (竹書房怪談文庫 HO 475) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

HANA

実話怪談集。大阪というと一見派手な印象を持つ人も多いだろうけど、一皮むけば歴史の古層がみっしりと詰まっている。本書は実話怪談であると同時にその古層の厚さと大阪の地霊みたいなものを感じさせてくれる稀有な一冊。天王寺や新世界、京橋…単に幽霊が出たという話でも凡百の怪談ならそれで終わるのだが、背後に歴史の重みを背負っているとそれだけの話でも得も言われぬ香気みたいなのが漂う気がする。個人的には茨木市や扇町の怪談ルポや今は亡きアリバイ横丁の話等がツボ。怖いだけではなく、大阪という土地を強烈に感じさせる一冊でした。

2021/02/28

坂城 弥生

その土地の過去に由来する怪談が多かった。

2021/05/12

あたびー

「関西怪談」に続いて今度は大阪だけに的を絞った実話怪談集。大阪には2度ほどしか行ったことがないので、地名をググりながらたどる。ああ、自分が通ったあの道をまっすぐ行くとここに着くのか、ここはもう奈良と隣合わせなのか、などといちいち感心しながら読み進む。大変に愉しい。それは著者の立ち位置が私にはとても心地よいからだ。さて、拝むと祟るというお地蔵様は困ってしまう。仏像や神様が祀られているとついつい挨拶してしまうからだ。本書に出てきた場所を、今度大阪へ行ったら訪ね歩きたい。ただし昼間。

2021/03/02

高宮朱雀

前作の関西怪談については、歴史的にも登場する場所柄だけに収録されている内容も然もありなんという感じだったが、今作については意外な事が多く、自分にとっても大事な都市だけに続編があるのならば期待したい。 まだ京都怪談は読んでいないので、近々購入して見よう。大阪の人懐っこい庶民性、京都のお高く止まった貴族性、内容からもまざまざと滲み出て来て面白そう。

2021/03/22

qoop

歴史の古層を掘り起こしつつ現代の怪異譚と結び合わせて提示する。場所に絡んだ怪談を説く上で定石であり大事な要件だが、本書は多くの作品で過去と現在とを巧く融合させ、その場所ならでは…との感を強くさせてくれる。「大阪はお化け多いですよね〜中略〜生きてる人と同じで、目立ちたがりが多いんか、未練がましいんか」(p150)という体験者の一言が本書全体に効果を上げている気がした。〈神農に会った話〉〈惚れ薬〉など印象的な話多し。

2021/02/28

感想・レビューをもっと見る