読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

奥羽怪談 (竹書房怪談文庫 HO 504)

奥羽怪談 (竹書房怪談文庫 HO 504)

奥羽怪談 (竹書房怪談文庫 HO 504)

作家
黒木あるじ
小田イ輔
高田 公太
斉木 京
大谷雪菜
津村 しおり
平谷美樹
鷲羽 大介
鶴乃 大助
葛西俊和
出版社
竹書房
発売日
2021-07-29
ISBN
9784801927476
amazonで購入する Kindle版を購入する

奥羽怪談 (竹書房怪談文庫 HO 504) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

HANA

実話怪談集。個人的な事だけど自分は東北に惹かれた時期があり、二度ほど一周旅行をした事がある。そんな身にとって、東北六県それぞれの県を一人か二人の作家が受け持つという本書はこの上ないご馳走。内容的には普遍的な怪談を扱った部分と地霊を感じる事の出来る部分の二つに大別できるが、自分の好みは圧倒的に後者。黒木あるじ記す「奥羽異譚」はもちろんの事ながら、山形、青森、福島がそれが特に顕著。幼いころに読んで未だ頭から離れない「野辺地の踏切」とかないのかなあ。兎も角個人的な思い入れもあり、読まずにはおられない本でした。

2021/08/26

澤水月

黒木あるじらによる東北六県怪談集、総大将の黒木が各県からまとめたパートがまあ上手いったらもう。福島の漫才来訪。青森のまいね・したっけなど方言は人間椅子も使っているなあ。いつまでも読んでいたい本

2021/08/30

海星梨

KU。コロナ時代の苦労を感じる一冊。過去の怪談本の引用や孫引きが目立った。実話怪談を提供し続ける、竹書房怪談文庫で初めて気になったかもってくらい。怪談収集もコロナ禍の煽りをくらってるんだなと。東北弁いいよな。やっぱ、あれや、助詞と用言の活用が方言らしさを作ってる。津軽弁の教本、買おうかなぁ。

2022/05/31

qoop

みちのくに所縁のある著者達による東北六県の実話怪談集。中央から人として顧みられなかった民の怨みをその末裔たちが記す…という前書きの煽り文句は強烈だが、県を問わず歴史や文化の層に支えられている怪異譚の数々が印象に残る。これこそ読みたいタイプのご当地怪談だなと思う反面、こういう形で県を跨いでまとめるのは大変だろうな、とも。

2021/08/01

くろばーちゃん

コロナ前は年に数回あった黒木あるじ氏の講演会や怪談会。先日久々に行われた。県立図書館での講演で、郷土資料室は宝の山だという話でこの本についても語っていた。この本は、東北各県の怪談作家が集めた怪談実話集。地元のFMラジオではこの中から数話、朗読が放送された。私は今、東北に住んでいるわけだが、生まれも育ちも東北ではないのが残念に思われた。"死"を忌むものではなく身近なものとしてとらえて来たこの地には興味深い歴史がある。また、震災にまつわる怪異は、悲しい。

2021/08/20

感想・レビューをもっと見る