読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

怪談四十九夜 病蛍 (竹書房怪談文庫 HO 547)

怪談四十九夜 病蛍 (竹書房怪談文庫 HO 547)

怪談四十九夜 病蛍 (竹書房怪談文庫 HO 547)

作家
黒木あるじ
我妻俊樹
大谷雪菜
小田イ輔
旭堂南湖
朱雀門出
鈴木捧
古川創一郎
りっきぃ
鷲羽 大介
出版社
竹書房
発売日
2022-03-28
ISBN
9784801930407
amazonで購入する Kindle版を購入する

怪談四十九夜 病蛍 (竹書房怪談文庫 HO 547) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

HANA

実話怪談集アンソロジー。黒木あるじ編のこのシリーズなんだけど、今回は特に玉石混交、というか一読した感じ石が多めのように感じる。というか特色のない普通の怪談が多いような感じ。朱雀門出の「ブタ万円」とか我妻俊樹の「ヨシクラ」とかは、読み終えた後不可解な感じが残る作風で安心して読めるんだけど…。黒木あるじ自体も今回は体験者のそれぞれの立場から体験自体が混乱するという「藪の中」みたいな作品なんだけど、これ怪談かというと個人的には首を傾げるし。このシリーズ好きなんだけど、今回はちょっと微妙な出来だった気がする。

2022/04/24

qoop

まえがきで示唆される、生者と死者の境界に立って双方に跨る怪異を探るという本書の目論見が成功したかといえば、正直微妙だろう。そんな中で感心したのは、日常の歪みが瞬時に加速していく我妻俊樹氏〈ヨシクラ〉と、体験者の孤独感が伝わり異界を覗く境界性を感じさせる小田イ輔氏〈凧〉の二作。それぞれ類話もあろうが提示の仕方で新鮮味とテーマ性が印象に残る。他には、シュールさが強烈な朱雀門出氏〈ブタ万円〉も素晴らしい。

2022/05/26

澤水月

一体どうした…? 新旧顔合わせに無理? 我妻、小田、黒木の並びは素晴らしいが。怪談の本に「これは怪談じゃないかも…」て但し書きの話が幾つも何人も並ぶなんて異常事態。発行多すぎなんだろうけれど

2022/05/06

zero

黒木あるじの連作系が好み。

2022/08/30

オシャレ泥棒

図書館 良かった話:みんなスマイル/めったざしのはなし(大谷雪菜)イヌグモ(鈴木捧)私の絵(我妻俊樹)お化けスーパー(小田イ輔)黄丸(黒木あるじ)

2022/08/28

感想・レビューをもっと見る