読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

CITY HUNTER外伝 伊集院隼人氏の平穏ならぬ日常 1 (バンブーコミックス タタン)

CITY HUNTER外伝 伊集院隼人氏の平穏ならぬ日常 1 (バンブーコミックス タタン)

CITY HUNTER外伝 伊集院隼人氏の平穏ならぬ日常 1 (バンブーコミックス タタン)

作家
えすとえむ
北条司
出版社
竹書房
発売日
2019-01-19
ISBN
9784801964921
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

新宿の高層ビルに囲まれた場所に、ひっそりと佇む喫茶店「キャッツアイ」。以前は“入道雲のような大男”がいると、人が寄り付かない喫茶店だったが、今ではすっかり“SNS映えする名物マスター”がいると、賑やかな店になっていた…。時を経て、姿を変えていく新宿で、悩めるお客の「XYZ」を、海坊主が優しく受け止める。

「CITY HUNTER外伝 伊集院隼人氏の平穏ならぬ日常 1 (バンブーコミックス タタン)」のおすすめレビュー

『シティーハンター外伝』海坊主旋風到来! 悩める客たちの「XYZ」を受け止めろ!

『CITY HUNTER外伝 伊集院隼人氏の平穏ならぬ日常(1)』(えすとえむ:漫画、北条 司:キャラ原案/竹書房)

 伊集院隼人――タレントでもなければ、お笑い芸人でも歌手の名前でもない。本の表紙にはサングラスをかけたスキンヘッドの大男が睨みつけるように描かれ、帯には「主役は海坊主」とある…そう! 裏社会で海坊主やファルコンと呼ばれていた男こそが、伊集院隼人。『CITY HUNTER外伝 伊集院隼人氏の平穏ならぬ日常(1)』(えすとえむ:漫画、北条 司:キャラ原案/竹書房)は、この海坊主が主役。本書は、国民的な人気漫画とも言える『シティーハンター』の公式スピンオフ作品だ。

 海坊主こと伊集院隼人は、この『シティーハンター』に登場する人気キャラのひとり。『シティーハンター』の主人公である冴羽獠は、凄腕の始末屋(スイーパー)であり、無類の女好き。海坊主も獠と互角の腕を持つ始末屋であり、以前は敵対関係にあった。だが傭兵を引退してからは、仕事を一緒にする親友のような仲となっていた。その海坊主に注目したのが、今回の作品だ。

 ちなみに、海坊主の現在の職業は、…

2019/2/16

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

CITY HUNTER外伝 伊集院隼人氏の平穏ならぬ日常 1 (バンブーコミックス タタン) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐっち

海坊主ってそんな名前だったんだ!なんと、えすとえむさん描く「シティ・ハンター」のスピン!すごい組み合わせと思ったが意外と合う。苦手だといいつつ子供や猫と絡む海坊主が可愛い。テレ顔も良し。シティ・ハンターの裏側でこんなことやってたのか、と思う。続きもあるのか!

2019/02/23

しましまこ

これは何ですか?

2019/01/27

洪七公

冴羽と絡まないファルコンは格好いい。

2019/02/01

へへろ~本舗

なぜ、えすとえむ氏がが本作を書こうとしたかが不思議

2019/01/19

毎日が日曜日

★★★

2019/01/26

感想・レビューをもっと見る