読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ブルータル 殺人警察官の告白 1 (バンブーコミックス タタン)

ブルータル 殺人警察官の告白 1 (バンブーコミックス タタン)

ブルータル 殺人警察官の告白 1 (バンブーコミックス タタン)

作家
古賀慶
伊澤了
出版社
竹書房
発売日
2019-11-20
ISBN
9784801968004
amazonで購入する Kindle版を購入する

ブルータル 殺人警察官の告白 1 (バンブーコミックス タタン) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

maa

トレースのスピンオフとの事でしたが、トレースはドラマでしかみていないので、こちらの主人公との関わり合いはわからない中手にしました。彼の行いは、善・悪どちらとも判断つかないですが、この続きはきなります。エクソシストの件はちょっと笑えてしまった( ̄▽ ̄;)

2020/01/20

Natsumi

トレースのスピンオフ。あの壇の話なので狂ってる。顔がきれいな壇に違和感(笑)ドラマの怪演のイメージが強すぎる。

2019/12/08

らなん

「トレース」のスピンオフ。「トレース」の主人公が、憎みそして捕まえたいと思っている、警察上層部の人が主人公となっている。ところが読んでみると、残虐ではあるものの、嗜好だけではなく、悪人抹殺な理由もあり、「怨み屋本舗」あるいは「スモーキング・サベージ」のようで、悪い人に見えなくなってきた。

2020/01/11

毎日が日曜日

★★★

2019/11/25

かなっち

『トレース』が好きなので、その流れで軽い気持ちで読んだら、かなりショッキングな内容で、読後は放心状態でした。久しぶりに、凄いのを読んだなぁという感じです。壇さんのやった事は尋常とは言えないけど、殺された方の行いもかなりむごくて、正義の味方になって許されるのかなぁ…。ショッキングだったけど、早く2巻も読みたいです。

2020/01/03

感想・レビューをもっと見る