読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

めんつゆひとり飯 (3) (バンブー・コミックス)

めんつゆひとり飯 (3) (バンブー・コミックス)

めんつゆひとり飯 (3) (バンブー・コミックス)

作家
瀬戸口みづき
出版社
竹書房
発売日
2020-06-27
ISBN
9784801969803
amazonで購入する Kindle版を購入する

めんつゆひとり飯 (3) (バンブー・コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しぇん

基本同じネタが続いてるけど面白さを維持してるのは凄いですね。さすが瀬戸口先生。進みそうで一切進みそうにない恋愛フラグも瀬戸口先生の作品だなと

2020/06/30

alleine05

時季外れだけどバレンタインの話やピザの話を読んだらなんだか餅が食べたくなってきた。舞と保ケ辺さんの話を除けばあまり色恋沙汰のからまない作品なんだけど、もし今後恋愛要素が出てくるとしたら面堂さんは十越さんの弟とフラグが立っているということになるのだろうか。

2020/07/09

akapon

『ローカル女子の遠吠え』も大好きだが『めんつゆひとり飯』もテイストが違ってすごい面白いので読むたびに好きになる。紹介されている(ものぐさ)レシピもこれ絶対うまいよねとヨダレが出る。一人暮らししてたら絶対やってみただろうと思う。

2020/06/28

xncshizu

だんだん自分の冷蔵庫や食料庫に入ってなさそうな材料になってきた。でも劇は楽しい。全員残念キャラなのに魅力的。残念だけど一緒の時間を過ごせなさそうなキャラは一人もいないのがよい。

2020/07/10

キタハチ

電子書籍で読了。めんつゆ料理+個性的なメンバーが揃ったオフィスものという一粒で二度美味しい漫画。 食べ物のボリュームとカロリーを愛する保ヶ辺さんと口数が少ない社長が好き。

2020/06/29

感想・レビューをもっと見る